林遣都「人間の接し方でいくらでも変わる」トラウマを抱えた保護犬との関わり明かす『犬部!』

映画『犬部!』から、時間をかけて保護犬たちと関係性を深めていった林遣都のメイキング映像が解禁。

映画 邦画ニュース
『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会
  • 『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会
  • 『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会
  • 『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会
  • 『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会
  • 『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会
  • 『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会
  • 『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会
  • 『犬部!』本ビジュアル (C)2021『犬部!』製作委員会
林遣都が、学生時代に動物保護サークル“犬部”を立ち上げた実在の獣医師をモデルにした主人公を演じる青春映画『犬部!』。この度、時間をかけて保護犬たちと関係性を深めていった林さんのメイキング映像が解禁となった。

>>『犬部!』あらすじ&キャストはこちらから

林さんが演じる主人公・花井颯太は、獣医学部の中でもさらに筋金入りの動物好きで、「生きてるものはみんな助ける!」と行き場のない犬や猫のために“犬部”を立ち上げる。「タイトルを見た瞬間に”演りたい”と思いました」「いつか動物に携われる作品をやりたいと思っていた」と語る林さんは、本作で共演する犬たちにクランクイン前から会いに行き、撮影期間中もスケジュールの合間を縫って世話や散歩を欠かさずたっぷりと交流を図って、関係を深めていったという。

『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会
林さんと共演シーンの多い犬のちえ、ミックの2匹はともに保護犬であり、相棒となる花子役を演じたちえとは子犬の頃からずっと一緒に過ごしてきた設定。「僕が歩み寄ると返してくれますし、気持ちの部分のお芝居ができた実感がある」と力を込めるように、互いへの信頼感が生み出す自然な雰囲気も大きな見どころ。

『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会
一方のミックは、外科実習に使われる運命のせいで人間におびえている役。またミック自身も生い立ちが影響して特に警戒心が強く、林さんはトレーナーの横山氏にアドバイスをもらいながら時間をかけて距離を縮めていった。

「人間の接し方でいくらでも(性格が)変わるんだなというのを、ミックに教えてもらった」とミックと心を通じ合わせていった撮影を感慨深げにふり返る林さん。横山氏も「オープンにして、一生懸命にコミュニケーションを取ろうとしてくれているから、この子も応えてくれた」と嬉しそうに語る表情が印象的だ。


映像のラストでは、先日開催された『犬部!』初日舞台挨拶の控室に、ミックが林さんをサプライズ訪問した際の様子も。撮影現場以来約1年ぶりとなった再会の様子と、徐々に心がほぐれていくミックのしぐさに林さんが笑顔を見せる貴重な映像となっている。

『犬部!』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top