林遣都の“獣医学生”「子供が待ってる!」と向かった先には…?映画『犬部!』冒頭映像8分公開

映画『犬部!』から本編映像の冒頭8分が到着、犬部結成前の主人公・花井(林遣都)や、柴崎(中川大志)、佐備川(大原櫻子)の姿が登場。

映画 邦画ニュース
『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会
  • 『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会
  • 『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会
  • 『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会
  • 『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会
  • 『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会
  • 『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会
  • 『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会
  • 『犬部!』本ビジュアル (C)2021『犬部!』製作委員会

林遣都や中川大志ら注目俳優が出演し、片野ゆか著「北里大学獣医学部 犬部!」(ポプラ社刊)を原案にした映画『犬部!』。7月22日(金)からの公開以降、SNSを賑わせている本作から本編映像の冒頭8分が到着した。


>>『犬部!』あらすじ&キャストはこちらから

公開以降、SNS上では「多くの命と真剣に向き合う物語にめっちゃ感動」「感動しすぎて終始泣いてた」「可愛い犬や猫に癒されるだけでなく、命の大切さを考えさせられる素晴らしいストーリー」と絶賛の声が続々と挙がっているほか、「5回目の犬部!です。観る度に泣ける部分が増えてく…」と何度も映画を鑑賞しているリピーターも。

そんな本作から今回解禁となった冒頭8分の本編映像では、犬部結成前となる主人公・花井(林遣都)や、柴崎(中川大志)、佐備川(大原櫻子)が登場。獣医学部の授業が終わるやいなや、「子供が待ってるから!」と飛び出す花井。唖然とする友人を残し、慌ただしく教室を飛び出して急いで自宅に帰宅すると、そこに待っていたのは生まれたばかりの小さな子犬たち。

学生のころから自宅アパートを保護施設として改造し、たくさんの動物たちを保護している花井。生粋の動物好きで、行動せずにいはいられない花井の元に、柴崎や猫好きの佐備川が集まってくる。これから起こる“犬部”としての活躍に期待せずにはいられないシーンとなっている。

さらに映像中には、“犬部”設立のきっかけとなる保護犬・二コとの出会いも描かれている。二コを演じたミックは元保護犬。山で育ち、保護された経験を持つミックは極端に警戒心が強く、簡単には人に心を開こうとしないため、撮影中、林さんは空いた時間を使ってコミュニケーションをとり、たくさん声をかけながら少しずつ信頼関係を築いていったのだとか。スクリーンでは、そんな林さんとミックの、息のあった演技にも注目だ。

実在したサークル“犬部”を基にして描かれた本作。現在も、犬部は“北里しっぽの会”と名前を変えて、十和田市を中心に学生部員が動物を保護し、必要に応じた世話・しつけを行って新しい飼い主を探すなど活動を続けているそう。劇中では現役のメンバーがエキストラとして林さん、中川さん、大原さん、浅香航大と並んで“犬部”の記念写真を行う印象的なシーンで笑顔を見せているほか、林さん演じる花井颯太のモデルとなった獣医師・太田快作先生もエキストラとしてカメオ出演している。

『犬部!』は全国にて公開中。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top