大泉洋、柳楽優弥“タケシ”に愛ある「バカヤロー!」『浅草キッド』ティザー映像

Netflix映画『浅草キッド』の超ティザー映像と超ティザーアートが併せて公開された。

最新ニュース スクープ
ビートたけしの原点であり、師匠である深見千三郎と過ごした日々を描いたNetflix映画『浅草キッド』。この度、本作の超ティザー映像と超ティザーアートが併せて公開された。

本作は、たけしさんの「浅草キッド」を原作に、劇団ひとりが監督・脚本を担当。大泉洋が深見千三郎、柳楽優弥がタケシを演じ主演、笑いと涙に溢れる青春映画となっている。

今回到着した映像は、深見とタケシの写真や記事が詰まった1冊のスクラップブックのページをめくる様子が映し出される。そして突如、居酒屋での深見の写真が動き出すと、気を利かせて深見の靴を土間に用意したタケシに対して「バカヤロー!あれ見ろ。あっち出すんだよ!」と女性のヒールを指差す。

「そしたら、それを俺が履いて。『あれ、ちょっと背が高くなったかな、ってバカヤロー!』って俺がツッコんで、そうやって勉強してくんだよ!普段ボケねえ野郎が、舞台でボケれるわけねえだろうが!芸人だったら、いつでもボケろ」と深見。厳しくも愛情深い人柄が垣間見える映像となっている。


またティザーアートは、浅草フランス座の裏口で、深見とタケシが互いの夢を語り合っているかのような、エモーショナルな一枚となっている。

Netflix映画『浅草キッド』は12月9日(木)より全世界独占配信。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top