マーゴット・ロビー、ウェス・アンダーソン監督の次回作に出演決定

『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』のマーゴット・ロビーが、ウェス・アンダーソン監督の最新作(タイトル未定)への出演が決まったという。

最新ニュース ゴシップ
マーゴット・ロビー-(C)Getty Images
  • マーゴット・ロビー-(C)Getty Images
  • ビル・マーレイ、ウェス・アンダーソン、エイドリアン・ブロディ Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images
  • ティルダ・スウィントン Photo by Andreas Rentz/Getty Images
  • ビル・マーレイ Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images
  • エイドリアン・ブロディ-(C) Getty Images
  • トム・ハンクス-(C)Getty Images

『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』のマーゴット・ロビーが、ウェス・アンダーソン監督の次回作(タイトル未定)への出演が決まったという。「The Hollywood Reporter」誌が報じた。

本作には、アンダーソン監督作の“常連”のティルダ・スウィントンが主演すると先月報じられたばかり。その際、ティルダ本人が出演を認めており「9月にスペインで撮影する」と話していたが、同誌によれば撮影は今月下旬からスタートする模様。

ビル・マーレイ、ウェス・アンダーソン、エイドリアン・ブロディ

キャストは他にティルダと同じくアンダーソン監督作の常連のビル・マーレイエイドリアン・ブロディの出演が決まっている。マーゴットとともに今作で新たにトム・ハンクスもアンダーソン・ファミリーに加入する。

マーゴットは2013年の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のナオミ役で注目を集めて以来、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』『スキャンダル』などの話題作に出演し、アカデミー主演女優賞・助演女優賞にノミネートされるまでの女優に上り詰めた。成功していることで抱えている不安も大きいといい、「正直に言って、こういうことを考えて夜眠れなくなることがあります。『ここからすべてが下り坂かも。いまがピークで、これ以上よくなることはないんじゃないか』って思うんです」と率直な思いを「Fox News」のインタビューで語っている。

しかし、今後マーゴットはアンダーソン監督作だけでなく、デヴィッド・O・ラッセル監督作(タイトル未定)、デイミアン・チャゼル監督の『Babylone』(原題)、グレタ・ガーウィグ監督の実写版『バービー』など、多数の出演作を抱えており、「下り坂」とは縁遠い活躍ぶりだ。

《Hiromi Kaku》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top