忍成修吾“勇次”の無実展開に「疑ってごめんね」の声、「おためごかし」にも反応多数…「IP~サイバー捜査班」第5話

佐々木蔵之介主演「IP~サイバー捜査班」の第5話が8月12日放送。数々の作品で犯人役を演じてきた忍成修吾だが、今回“無実”だったことに視聴者から驚きの声が上がったほか、忍成さん演じる勇次の「おためごかし」というセリフにも多くの注目が集まっている。

最新ニュース スクープ
「IP~サイバー捜査班」第5話(C)テレビ朝日
  • 「IP~サイバー捜査班」第5話(C)テレビ朝日
  • 「IP~サイバー捜査班」第5話(C)テレビ朝日
  • 「IP~サイバー捜査班」第5話(C)テレビ朝日

佐々木蔵之介主演「IP~サイバー捜査班」の第5話が8月12日放送。数々の作品で犯人役を演じてきた忍成修吾だが、今回“無実”だったことに視聴者から驚きの声が上がったほか、忍成さん演じる勇次の「おためごかし」というセリフにも多くの注目が集まっている。

サイバー犯罪に立ち向かうべく、ネット分析やプロファイリングなど最先端の機器とスキルによる捜査支援を主とした部署に“現場捜査+逮捕権”を付与した「サイバー総合事犯係」を舞台にした本作。

サイバー犯罪に関する知識も捜査スキルも一級の“超デジタル人間”だが、最近は自ら現場に足を運ぶようになるなど変化を見せる安洛一誠を佐々木さんが演じ、安洛が自身の父親かどうか確かめるために、サイバー総合事犯係もやってきた古宮山絆に福原遥。

安洛を監視するため捜査一課からサイバー総合事犯係にやってきた多和田昭平に間宮祥太朗。サイバー総合事犯係で映像解析を担当する川瀬七波に堀内敬子。プロファイリングを担当する平塚栄太郎に杉本哲太。サイバーパトロール担当の岡林琢也に吉村界人。サイバー総合事犯係に味方する鑑識課の畑野陽葵に中川知香といった顔ぶれ。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

ソーシャルゲーム運営会社の社員・鶴本勝弘(谷口知輝)がビル屋上から転落死。安洛らが落下して壊れた鶴本のスマートフォンを復元すると、彼は死の直前、自社の人気ゲームの画面を開き犯人と思われる相手に見せていたことがわかった。栄太郎は珍しくリーダーシップを発揮して捜査開始を宣言するのだが、実は浪人中の息子・拓夢(森山瑛)が件のソーシャルゲームにハマっていることを知り、親子の会話の糸口になればと考えていた。

さっそく捜査が開始され“シャイロック”という悪質なゲーマーが捜査線上に浮かぶとともに、ソーシャルゲーム運営会社社長の吉岡三紀彦(駿河太郎)と共にゲームを開発した秋原勇次(忍成さん)が、その後ケンカ別れしたことが判明。“シャイロック”の身元を調べるとなんと拓夢であることが判明する…というのが今回のストーリー。

これまでも様々な作品で犯人役を演じてきた忍成さんだが、今回は忍成さん演じる勇次の会社の経理を担当する男が犯人だったことに「忍成くん、疑ってごめんね」「忍成さま犯人じゃない世界」などの声が殺到。

また、事件解決後に吉岡から声をかけられた勇次が発した「そんなおためごかしまっぴらだ」というセリフに「おためごかしとか今日日中々聞かない言葉聞いたな」などの声も。おためごかしとは“利他的な行動のように見せて自らの利益を得ようとする”という意味合いだが、なかなか使われない表現であるため、こちらにも多くの反応が集まっている。

《笠緒》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top