中島健人&小芝風花、キスシーンで流れた主題歌に「歌詞がドンピシャ」などの反応多数…「彼女はキレイだった」7話

中島健人、小芝風花W主演「彼女はキレイだった」の7話が8月24日オンエア。中島さん演じる宗介の告白シーンに多くの反響が巻き起こるとともに、ラストのキスシーンのバックで流れた主題歌「夏のハイドレンジア」の“タイミング”にも注目が集まっている。

最新ニュース スクープ
「彼女はキレイだった」第7話(C)カンテレ
  • 「彼女はキレイだった」第7話(C)カンテレ
  • 「彼女はキレイだった」第7話(C)カンテレ

中島健人、小芝風花W主演「彼女はキレイだった」の7話が8月24日オンエア。中島さん演じる宗介の告白シーンに多くの反響が巻き起こるとともに、ラストのキスシーンのバックで流れた主題歌「夏のハイドレンジア」の“タイミング”にも注目が集まっている。

パク・ソジュンが主演した人気韓国ドラマを中島さんと小芝さんが初共演&W主演してリメイクした本作。キャストは世界的ファッション誌「ザ・モスト」日本版副編集長とクリエイティブディレクターを担当する長谷部宗介に中島さん。「ザ・モスト」編集部で宗介と共に働くことになる佐藤愛には小芝さん。

そんな愛に好意を抱く「ザ・モスト」編集部員の樋口拓也には赤楚衛二。愛に頼まれ彼女のふりをして宗介と出会い、彼が好きになってしまう桐山梨沙には佐久間由衣。また高橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)、宇垣美里、LiLiCo、木村祐一、菅原大吉、本多力、片瀬那奈らも出演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

今回放送された7話では宗介が愛に“告白”。ワインを宗介の家まで届けることになった愛は、宗介に言われ部屋に上がる。そこで愛は宗介から“愛のことが昔からの友達みたいに思えてきて、そのままの自分でいられる”と素直な想いを告げられ「気がつくと君のことばっかり考えてる。そばにいたいんだ。君が好きだ」と告白される…。

宗介の告白に「めっっっっちゃキュンキュンする いや、ギュンギュンやわぁあああああ」「今現在の佐藤愛ちゃんにもう一度恋に落ちてるってのがヤバイ」「昔の愛ちゃんが好きなだけじゃなくて、宗介がちゃんと今の愛ちゃんを好きになって、愛ちゃんが私が佐藤愛ですって言う前に現時点で告白したっていうのがとてもよき」などのコメント多数。

また宗介役の中島さんの演技にも「今日の彼女はキレイだったのケンティーはいつもよりもいっそうキザティーですね」「さすがケンティーセクシーサンキューって気持ちなってる」などの反応が数多く寄せられるとともに、「宗介に家で告白された時の風花ちゃんの涙の演技めちゃくちゃ良かったな」と小芝さんの演技にも賞賛が。

その後、宗介は梨沙が愛ではないことに気付いてしまう。梨沙から本物の愛は「あなたのそばにいる人」と言われた宗介は、愛に電話して「この16年間、君にどれだけ会いたかったか…」と“真実”を知ったことを伝える。だがこの直前、愛は目の前にいる樋口からも想いを伝えられていた…宗介のもとに向かおうとする愛を「行くな」と止める樋口。だが愛は「ごめんなさい」と樋口の元から走り出し、宗介のもとへ向かう。

そんな樋口にも「圧倒的樋口くん派だからめちゃくちゃ泣いてる辛い」「はぁ樋口くん切ない 私は樋口くんと一緒になりたいです」「樋口くん推しだったので、今日は寝込みます」などの反応が。

そしてラストでは宗介と愛がキス。その際主題歌「夏のハイドレンジア」が流れたのだが「ラストのキスシーンに合わせて「僕の最初で最後のヒロインなんだ、君は」の歌詞を被せてきたのは大大正解」「歌詞ぴったりのタイミングでキスする2人...最高の主題歌や..」「キスシーンの時のBGMの歌詞がドンピシャだね」など、キスシーンと歌詞のタイミングにも注目が集まっている。

《笠緒》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top