佐藤健、2度目のタッグ・瀬々監督に絶大な信頼『護られなかった者たちへ』メイキング秘話

『護られなかった者たちへ』主演の佐藤健と瀬々敬久監督は2017年『8年越しの花嫁 奇跡の実話』以来4年ぶり2度目のタッグ、その信頼関係が明らかに。

映画 邦画ニュース
『護られなかった者たちへ』(C)2021映画『護られなかった者たちへ』製作委員会
  • 『護られなかった者たちへ』(C)2021映画『護られなかった者たちへ』製作委員会
  • 『護られなかった者たちへ』(C)2021映画『護られなかった者たちへ』製作委員会
  • 『護られなかった者たちへ』(C)2021映画『護られなかった者たちへ』製作委員会
  • 『護られなかった者たちへ』(C)2021映画『護られなかった者たちへ』製作委員会
  • 『護られなかった者たちへ』(C)2021映画『護られなかった者たちへ』製作委員会
  • 『護られなかった者たちへ』(C)2021映画『護られなかった者たちへ』製作委員会
  • 『護られなかった者たちへ』(C)2021映画『護られなかった者たちへ』製作委員会

佐藤健、阿部寛ほか、清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遣都、永山瑛太、緒形直人など日本映画界最高峰の実力派キャストが集結した『護られなかった者たちへ』。連続殺人事件の容疑者として追われる主人公・利根を佐藤さんと、メガホンをとった瀬々敬久監督は2017年に日本中を感動で包んだ『8年越しの花嫁 奇跡の実話』以来4年ぶり2度目のタッグ。「非常に心地の良い現場」と佐藤さんは語る。


>>『護られなかった者たちへ』あらすじ&キャストはこちらから

震災から10年目の仙台で発生した、連続“餓死”殺人事件。容疑者として捜査線上に上がってきたのは、別の事件の刑期を終え、出所してきたばかりの利根という男だった。そんな利根を演じた佐藤さんは、「瀬々組の、粛々とそれぞれがすべきことをするという現場の雰囲気が非常に心地よかったですね。自分の役に、芝居に集中して臨むことができました」と撮影をふり返っている。

佐藤さんにとって新境地となる容疑者役・利根の役づくりに関しても、「原作を読んだときに、僕は利根をやらせてもらう前提でイメージをしながら読ませてもらったので、こういうような役へのアプローチでいきたいという思いを監督に伝えさせてもらいました」と語り、「僕の感覚というかイメージみたいなものをいろいろと監督に話して、理解して頂けた」と話すように、2度目のタッグだからこその信頼関係がしっかりと築き上げられている。

瀬々監督との『8年越しの花嫁 奇跡の実話』で佐藤さんが演じたのは、原因不明の病で意識不明となった恋人の目覚めを待ち続けた尚志。今回演じる役どころは、尚志のような献身的な恋人像とは全く異なる役だが、「(利根役を佐藤さんが演じたことで)作品の格が一気に上がった」とプロデューサー陣も胸を張る。本作では、俳優・佐藤健の演技の真髄を見ることができるだろう。

『護られなかった者たちへ』は10月1日(金)より公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top