佐藤健ら共演者が絶賛、清原果耶“円山”の場面写真公開『護られなかった者たちへ』

中山七里原作のヒューマンミステリー映画『護られなかった者たちへ』より、清原果耶が演じる円山幹子を写した場面写真が公開された。

映画 邦画ニュース
『護られなかった者たちへ』(C)2021映画『護られなかった者たちへ』製作委員会
  • 『護られなかった者たちへ』(C)2021映画『護られなかった者たちへ』製作委員会
  • 『護られなかった者たちへ』(C)2021映画『護られなかった者たちへ』製作委員会
  • 『護られなかった者たちへ』(C)2021映画『護られなかった者たちへ』製作委員会
  • 『護られなかった者たちへ』(C)2021映画『護られなかった者たちへ』製作委員会
  • 『護られなかった者たちへ』(C)2021映画『護られなかった者たちへ』製作委員会

中山七里原作のヒューマンミステリー映画『護られなかった者たちへ』より、清原果耶が演じる円山幹子を写した場面写真が公開された。


>>『護られなかった者たちへ』あらすじ&キャストはこちらから


円山は、保険福祉センターで働くケースワーカー。今回到着した場面写真では、担当地域の住民に優しく話しかける様子や、キリッとした表情を見せつつ、生活保護受給者の国枝(千原せいじ)から胸ぐらを掴まれている場面が公開。ケースワーカーとしての働きぶりが覗けるカットとなっている。

「セトウツミ」『まともじゃないのは君も一緒』『夏への扉-キミのいる未来へ-』などに出演、現在放送されている連続テレビ小説「おかえりモネ」ではヒロインを好演中の清原さん。本作では、若干19歳ながら、実年齢より上の設定の円山役を見事に演じきった。

2019年放送の「なつぞら」では、10代から30代までを見事に演じ、瀬々敬久監督も「驚きました」と言わしめた実力が高く評価され、今回キャスティングが決定。

また、主演の佐藤健は「間違いなく自分があの年の時は、あんな芝居はできなかったですね」「間違いなくこの先、20代になった以降も日本映画界の中心で活躍されるような女優さんなんだなという印象です」と太鼓判を押す。ほか共演陣も「非常に責任感があり、ストイックという印象です」(阿部寛)、「現場での集中力だったり、取り組み方に覚悟みたいなものをひしひしと感じました」(林遣都)とコメントしている。

『護られなかった者たちへ』は10月1日(金)より公開。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top