マルジェラの代名詞!足袋ブーツ誕生秘話『マルジェラが語る “マルタン・マルジェラ”』本編映像

これまでメディアに一歳顔を出さなかった天才デザイナー、マルタン・マルジェラに迫るドキュメンタリー『マルジェラが語る “マルタン・マルジェラ”』より、本編映像が到着した。

映画 洋画ニュース
『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』 (C)  2019 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata Productions
  • 『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』 (C)  2019 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata Productions
  • 『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』 (C)  2019 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata Productions

これまでメディアに一切顔を出さなかった天才デザイナー、マルタン・マルジェラに迫るドキュメンタリー『マルジェラが語る “マルタン・マルジェラ”』より、本編映像が到着した。


>>『マルジェラが語る “マルタン・マルジェラ”』あらすじ&キャストはこちら

常に時代の美的価値に挑戦し、服の概念を解体し続けた稀代のデザイナー、マルタン・マルジェラ。本作は、キャリアを通して一切公の場に姿を現さず、あらゆる取材や撮影を断り続けてきたマルジェラ本人が、これまで一切語ることのなかったキャリアやクリエイティビティについてカメラの前で語る、貴重なドキュメンタリーだ。


このたび解禁されたのは、マルジェラの代名詞とも言える足袋ブーツの誕生秘話について語る本編映像。

こだわりのシルエットを目指す中、苦心の末に生まれたこの足袋ブーツについてマルジェラは、「見たこともない形の靴を生み出そうとするとものすごく大変だ。僕は苦しみながら初めて東京に行ったときをふと思い出した。その時、僕らは路上で地下足袋姿の作業員を見た。僕は思った。“柔らかい足袋にヒールをつけてみようか”」とその誕生をふり返る。日本では建設現場で職人さんが身につける実用性の高い靴として知られる地下足袋。マルジェラはそれにヒールをつけることで、長年愛される彼の代名詞とも言えるヒット作“足袋ブーツ”を世に生み出したのだ。

マルジェラで初めて足袋ブーツが発表されたのがおよそ30年前の1989年。いまではほかのブランドからも同様のデザインのブーツが発売されるほどの人気ぶりで、まさに時代を先取りしたモードの革命児だったと言えるだろう。映像では、古い箱から取り出された足袋ブーツの木型やブーツそのものが手にとられる様子も映し出されており、マルジェラ本人の足袋ブーツに対する思い入れがうかがえる。

劇中では足袋ブーツ誕生秘話のほか、「メゾン マルタン マルジェラ」の象徴ともいえる白いタグが生まれた経緯についても明かされており、謎に包まれていたこれまでのキャリアやプライベートに至るまでの全貌を、マルジェラ自身が赤裸々に語り尽くしている。

難攻不落のマルジェラから信頼を勝ち取り、このドキュメンタリーを完成させたライナー・ホルツェマー監督は本作について「最終的には、人々が彼に会ったような、あるいは彼を見たような感覚を持つことができるのではないかと思うよ」と明かしており、マルジェラの全てに迫ったドキュメンタリーとなっている。天才デザイナーと呼ばれるひとりの男の哲学、美学、仕事術が詰まった本作。ファッション好きだけでなく、多くの人を魅了する必見の一作だ。

『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』は9月17日(金)より渋谷ホワイトシネクイント、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開。


《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top