女子寮で生徒たちに襲いかかる恐怖の連鎖…『降霊会ー血塗られた女子寮ー』予告編

『ゴジラvsコング』『ザ・ゲスト』のアダム・ウィンガード製作総指揮×サイモン・バレット監督コンビによる最新作『降霊会ー血塗られた女子寮ー』の日本版ポスタービジュアルと予告編が解禁された。

映画 洋画ニュース

『ゴジラvsコング』『ザ・ゲスト』のアダム・ウィンガード製作総指揮×サイモン・バレット監督コンビによる最新作『降霊会ー血塗られた女子寮ー』の日本版ポスタービジュアルと予告編が解禁された。

美少女だらけの全寮制高校・エデルヴァインへ一人の生徒カミール(スキ・ウォーターハウス)が転校してくる。ある日カミールは、学園を牛耳る生徒たちに「死んだ生徒の霊を呼び出そう」と誘われ降霊会をすることに。ちょっとした悪ふざけのはずだったが、儀式の直後から関わったメンバーが次々と凄惨な死を遂げていく…。

本作は、女子寮で生徒たちに次々と恐怖が襲いかかる女子高生最恐スプラッター・ホラー。製作総指揮には『ゴジラvsコング』のヒットが記憶に新しいアダム・ウィンガード。監督は脚本家として彼と長年コンビを組んできたサイモン・バレットが務めた。次々と巻き起こる恐怖と対峙していくことになる女子高生・カミールは、有名ブランドでモデルを務めファッションアイコンとして人気を得る傍ら『名探偵ピカチュウ』などの話題作にも出演するなど、俳優としてのキャリアを着実に積み重ねているスキ・ウォーターハウスが演じている。

スキ・ウォーターハウス-(C)Getty Images

解禁された予告編は、「準備はいい?」とカミールと同級生たちが降霊会を始めるシーンからスタート。続いて「霊は本物」というセリフ、何かに怯え逃げ惑う女子高生たちの姿が収められ、次々と恐ろしい出来事が続く様子が映し出されている。

併せて解禁となった日本版のポスタービジュアルは、ハンマーを片手に持ち、返り血を浴びながらも何かに立ち向かおうとしているカミールの姿と好奇心で降霊会を行う女子寮の同級生たちの様子が切り取られている。そして「それは死を招く、禁断の遊戯――」というキャッチコピーが、これから彼女たちを待ち受ける恐怖を物語っているようだ。

『降霊会ー血塗られた女子寮ー』は10月22日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋「のむコレ2021」にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top