タイムスリップした娘が親孝行!中国興収1位の感動作『こんにちは、私のお母さん』1月全国公開

2021年の全世界公開映画の興行収入世界一に輝き、2021年中国興行収入・第1位、中国歴代興行収入・第2位を記録した『你好,李煥英(英題:Hi,Mom)』が、邦題『こんにちは、私のお母さん』として2022年1月より全国公開されることが決定した。

韓流・華流 スクープ
『こんにちは、私のお母さん』(C)2021 BEIJING JINGXI CULTURE & TOURISM CO., LTD. All rights reserved.
  • 『こんにちは、私のお母さん』(C)2021 BEIJING JINGXI CULTURE & TOURISM CO., LTD. All rights reserved.
  • 『こんにちは、私のお母さん』(C)2021 BEIJING JINGXI CULTURE & TOURISM CO., LTD. All rights reserved.

2021年の全世界公開映画の興行収入世界一に輝き、2021年中国興行収入・第1位、中国歴代興行収入・第2位を記録した『你好,李煥英(英題:Hi,Mom)』が、邦題『こんにちは、私のお母さん』として2022年1月より全国公開されることが決定した。

舞台・テレビ・映画で活躍する人気喜劇女優ジア・リンが、亡き母との実話を基に、監督・脚本・主演に初挑戦した本作。元気と明るさだけが頼りで、何をするにもまるでダメで母に苦労ばかりかけていた娘が、母と巻き込まれた交通事故をきっかけに20年前の1981年にタイムスリップし、迷惑をかけてきた母の幸せのため、別のお金持ちの男性と結婚させるべく孤軍奮闘する姿を描く。たとえ自分が産まれてこないことを意味したとしても、母のために奔走する主人公の姿は大きな感動を呼んだ。

ジア・リン監督が映画のパラレルワールド内でストレートに表現したのは「最愛の母にしてあげたかった親孝行や、話したかったこと」。加えて、タイムスリップによって映し出された1980年の古き良き中国の懐かしくて温かい情景は、笑いと涙と感動を呼び起こし中国全土で多くの共感を得、全世界興収900億円という大ヒットを記録した。

撮影時39歳にしてヒロインの高校生を演じたジア・リンをはじめ、中国版ツイッター微博(ウェイボー)で「2021年度実力俳優」に選出されたチャン・シャオフェイが若き日の母を演じ、喜劇王シェン・トンは劇中でジア・リンと楽しい漫才を披露。タイムスリップによる予測不能と懐かしさ、熱血スポ根ドラマ、母のライバルとの戦い、そして世界共通の普遍的な親子の愛情など、ジャンルを超えた愛と笑いと涙の見どころ溢れる感動作となっている。

『こんにちは、私のお母さん』は2022年1月より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top