ビーニー・フェルドスタイン“ジョアンナ”の自分作りは失敗だらけ!?『ビルド・ア・ガール』キャラ映像

ビーニー・フェルドスタインが高校生の主人公ジョアンナを演じる、青春エンパワーメントムービー『ビルド・ア・ガール』。この度、ジョアンナのキャラクター映像が公開された。

映画 洋画ニュース
『ビルド・ア・ガール』(C) Monumental Pictures, Tango Productions, LLC, Channel Four Television Corporation, 2019
  • 『ビルド・ア・ガール』(C) Monumental Pictures, Tango Productions, LLC, Channel Four Television Corporation, 2019
  • 『ビルド・ア・ガール』(C) Monumental Pictures, Tango Productions, LLC, Channel Four Television Corporation, 2019
  • 『ビルド・ア・ガール』(C) Monumental Pictures, Tango Productions, LLC, Channel Four Television Corporation, 2019
  • 『ビルド・ア・ガール』(C) Monumental Pictures, Tango Productions, LLC, Channel Four Television Corporation, 2019
  • 『ビルド・ア・ガール』(C) Monumental Pictures, Tango Productions, LLC, Channel Four Television Corporation, 2019
  • 『ビルド・ア・ガール』(C) Monumental Pictures, Tango Productions, LLC, Channel Four Television Corporation, 2019
  • 『ビルド・ア・ガール』(C) Monumental Pictures, Tango Productions, LLC, Channel Four Television Corporation, 2019

ビーニー・フェルドスタインが高校生の主人公ジョアンナを演じる、青春エンパワーメントムービー『ビルド・ア・ガール』。この度、ジョアンナのキャラクター映像が公開された。


>>『ビルド・ア・ガール』あらすじ&キャストはこちらから

イギリス郊外に暮らす高校生のジョアンナは、底なしの想像力と文才に長けているが、学校では冴えない子扱い。映像では、ジョアンナが数々の失敗を経験しつつも、何度でも自分作りにチャレンジしていく姿が魅力たっぷりに描かれている。

冴えない毎日から抜け出すべく、ロンドンで音楽ライターとしてデビューしたジョアンナは、編集部の求めるままに毒舌キャラに転身。“なりたい自分”ではなく、「他者から求められる自分を演じる」ことで自分を見失ってしまい、ミュージシャンを傷つけてしまったり、大好きな家族のことも軽んじてしまったり。失敗を経験し、ジョアンナが自分を見つめ直したとき、再び自分作りの冒険は始まるのだ。

『ビルド・ア・ガール』キャラクター映像

そんなジョアンナの魅力についてビーニーは「彼女を大好きな一番の理由はとても聡明で賢いんだけど、頭がいいのと同じくらい心も素晴らしいこと。とても温かく寛大で、想像力にあふれていて大好き」と言い、「彼女は本当に善良な心の持ち主だけど、大きな旅に出て時々その善良さを見失ってしまうこともある。わたしも時々過剰になってしまうことがあるし、ジョアンナにはいろいろな意味で共感できる」とコメントしている。

また、プロデューサーのアリソン・オーウェンは「原作者のキャトリンが言っていたのは、『どんな気分の時でも輝きを放っている女の子でなければならない』ということでした。話し方やどんな本を読んでいるか、思考方法だけではなく、彼女が世界に放つエネルギーのようなものです。ビーニーは私たちが出会った中で唯一、さらに言えば世界で唯一、その条件を満たした人物だったのです」と語る。まさにビーニーだからこそ、これまでにないジョアンナという現代の新ヒロイン像を作り上げることができたのだ。

『ビルド・ア・ガール』は10月22日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top