新ディズニープラス開始に昆夏美&山崎育三郎&城田優らが集結! SPパフォーマンス披露

ディズニープラスの新たなスタートを祝して、昨日10月27日(水)、豪華ゲストによる一夜限りのスペシャルパフォーマンスやここでしか観られない映像など、プレミアム感たっぷりの贅沢な時間をお届けするイベント「新ディズニープラス セレブレーションナイト」が開催された。

最新ニュース レポート
新ディズニープラス セレブレーションナイト
  • 新ディズニープラス セレブレーションナイト
  • 「IMY」新ディズニープラス セレブレーションナイト
  • 山寺宏一 新ディズニープラス セレブレーションナイト
  • 昆夏美&山崎育三郎 新ディズニープラス セレブレーションナイト
  • 尾上松也 新ディズニープラス セレブレーションナイト
  • 昆夏美 新ディズニープラス セレブレーションナイト
  • 榎木淳弥&白石涼子 新ディズニープラス セレブレーションナイト
  • 清水美依紗 新ディズニープラス セレブレーションナイト

ディズニープラスの新たなスタートを祝して、昨日10月27日(水)、豪華ゲストによる一夜限りのスペシャルパフォーマンスやここでしか観られない映像など、プレミアム感たっぷりの贅沢な時間をお届けするイベント「新ディズニープラス セレブレーションナイト」が開催された。

ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックと、5つのブランドが誇る名作やオリジナル作品の数々を届けてきたディズニー公式動画配信サービス「Disney+」。27日からは新たなブランド「スター」が加わり、ディズニー・テレビジョン・スタジオや20世紀スタジオなど、ディズニーが誇るトップスタジオ製作のドラマや映画をはじめ、日本や世界中のスタジオが制作する作品も登場し、約16,000のこれまでにない作品の数々がラインアップされる。

今回イベントでは、栗田博文が指揮を務める「東京フィルハーモニー交響楽団」によるオリジナルメドレーとして、『スター・ウォーズ』のテーマ、『リメンバー・ミー』、『タイタニック』、『アベンジャーズ』、『アナと雪の女王』など名曲の数々を披露。スクリーンには、それぞれの映画の名シーンが映し出された。

また今回、成河、昆夏美、山崎育三郎、城田優、尾上松也、山寺宏一、清水美依紗、榎木淳弥、白石涼子が登場。まず、“スター・ウォーズ”のステージでは、「スター・ウォーズ:ビジョンズ」から “THE TWINS”の映像に合わせて、Karre(カレ)役の榎木さんと、Am(アム)役の白石さんが、生アフレコを披露。“マーベル”ステージでは、森川智之(アイアンマン)、宮内敦士(ハルク)、三宅健太(ソー)、「ブラックマヨネーズ」小杉竜一(ルイス)から寄せられたお祝い映像が上映。

“ディズニー”ステージでは、ディズニーの音楽にフィーチャーし、「東京フィルハーモニー交響楽団」のフルオーケストラによる生演奏と共に、作品中で声優を務めている豪華な面々が名曲の数々を披露。実写版『美女と野獣』より、成河さんによるマジックを交えた「ひとりぼっちの晩餐会」。昆さんと山崎さんが「美女と野獣」を歌唱し、一気に会場をロマンチックな雰囲気に包み込み、「昆ちゃんと会うのは久しぶりですが、このメロディが流れると、すぐに野獣とベルになって。何度も一緒に歌ってきたのでうれしかったです」と笑顔を見せる場面も。

さらに、実写版『シンデレラ』からは、城田さんが「夢はひそかに」を披露。「本来はシンデレラ役の高畑充希ちゃんがいて。本人にも連絡しましたが、『ひとりでも王子は大丈夫だよ』と連絡があって。場が持ったかどうか不安です」と話す城田さんだったが、伸びのある歌声と力強いパフォーマンスで会場を魅了。

ほかにも、松也さんが「僕のおかげさ」(『モアナと伝説の海』より)、山寺さんが「フレンド・ライク・ミー」(『アラジン』より)を歌唱した。

続いて“ピクサー”のショーでは、山崎さん、松也さん、城田さんによる「IMY」が登壇。山崎さんは「いつも一緒なので息はピッタリです」とコメントし、『トイ・ストーリー』シリーズから「君はともだち」、『2分の1の魔法』から「全力少年」という、ピクサーの名曲メドレーを熱唱。会場からは自然と拍手がわき起こり、会場中は一体となって大盛り上りとなった。

そして、ステージは新ブランド“スター”へ。アルティメット・プリンセス・セレブレーション日本版テーマソングを歌う清水さんが「Starting Now ~新しい私へ」を披露。また、ステージに10人のコーラス隊が登場し、全員で『グレイテスト・ショーマン』の「This Is Me」を歌い上げると、会場の熱気は一気に最高潮に。

フィナーレでは、これまで登場したゲスト全員がステージに登壇し、「お花のおかげで、成河さんとも新しいファミリーの絆が深まったなと思っております」(山寺さん)、「久しぶりに昆ちゃんとデュエットできたのもうれしかったですし、僕はディズニーと出会ってミュージカル俳優になりたいと思ったので、自分の原点を感じられるステージとなりました」(山崎さん)とふり返った。

このイベントの様子の一部は、渋谷・新宿・大阪の屋外ビジョンでも中継され、通行人がくぎ付けになる姿も。YouTube、Twitter、ニコニコ生放送でのイベント生配信もしており、視聴者からは「鳥肌通り越して涙です」「IMYの3人の全力少年が良すぎて、すでに何度もリピしている。笑顔になりながらなぜか泣いている」などと多くの感想が寄せられている。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top