池松壮亮と「今回勝負がしたくて」『ちょっと思い出しただけ』松居大悟監督、東京国際映画祭で明かす

池松壮亮、伊藤沙莉W主演『ちょっと思い出しただけ』が、第34回目東京国際映画祭コンペティション部門にてプレミア上映。舞台挨拶を行う中、池松さんがサプライズで松居大悟監督の誕生日を祝福した。

最新ニュース レポート
『ちょっと思い出しただけ』東京国際映画祭(C)2022『ちょっと思い出しただけ』製作委員会
  • 『ちょっと思い出しただけ』東京国際映画祭(C)2022『ちょっと思い出しただけ』製作委員会
  • 『ちょっと思い出しただけ』東京国際映画祭(C)2022『ちょっと思い出しただけ』製作委員会
  • 『ちょっと思い出しただけ』東京国際映画祭(C)2022『ちょっと思い出しただけ』製作委員会
  • 『ちょっと思い出しただけ』東京国際映画祭(C)2022『ちょっと思い出しただけ』製作委員会
  • 『ちょっと思い出しただけ』東京国際映画祭(C)2022『ちょっと思い出しただけ』製作委員会
  • 『ちょっと思い出しただけ』東京国際映画祭(C)2022『ちょっと思い出しただけ』製作委員会
  • 『ちょっと思い出しただけ』東京国際映画祭(C)2022『ちょっと思い出しただけ』製作委員会
  • 『ちょっと思い出しただけ』東京国際映画祭(C)2022『ちょっと思い出しただけ』製作委員会

池松壮亮伊藤沙莉がW主演、松居大悟監督・脚本の『ちょっと思い出しただけ』が、第34回目を迎える東京国際映画祭(TIFF)コンペティション部門にてプレミア上映。松居監督とキャストの河合優実が舞台挨拶を行う中、池松さんがサプライズで駆けつけ、「ちょっとお祝いしに来ただけ」と松居監督の誕生日を祝福した。


>>『ちょっと思いだしただけ』あらすじ&キャストはこちらから

日本で唯一の国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭であり、今年はメイン会場を六本木ヒルズから日比谷・有楽町・銀座地区に移動して開催されている東京国際映画祭。

この日、上映前に行われた舞台挨拶では、まず池松さん演じる照生に密かに想いを寄せる泉美役の河合さんと松居大悟監督が登壇。冒頭で「本日は東京国際映画祭『ちょっと思い出しただけ』ワールドプレミアにお越しいただきありがとうございます。今日お誕生日なんですけど…」と松居監督が自ら明かすと、会場からは一斉にお祝いの拍手が贈られ、照れ笑い。「映画の誕生もそうですし、本作は誕生日にまつわる映画になっているような気がするので、その日を初日にしてくださってありがたいなと思っております」と挨拶した。

松居監督作品初参加の河合さんは、現場での監督の印象について「一番印象的だったのが松居組の皆さんがとても楽しそうな撮影現場だったので、松居監督自身が映画作りを楽しんでいる人なんだろうなとすごく感じました」と現場の様子を述懐。続けて、この日誕生日を迎えた松居監督にも花束を贈呈した。

改めて監督は、そんな河合さんの存在について「あんまり一緒にしたことがないタイプの雰囲気というか、台本で想像していた演技とはまったく違う雰囲気をしていて、それがだんだん生き生きとしていくという意味ですごく追い抜かれていったし、足首をつかみながら、泉美役を演じられていた気がします。面白かったです」と明かす。それを聞いた河合さんは「想像していた泉美と違う形になって不安もあったのかなと思うんですけど、周りのキャストの人たちに泉美として成長させられながら、一人の役になっていく感覚だったので、分からないようですごく今の言葉は理解できました」と納得の様子。

「池松君とは10年位の付き合い」


さらに、本作を製作する上でキーとなったのがW主演を務めた池松さんと伊藤さんのキャスティング。松居監督は「池松君とは10年位の付き合いで、映画やドラマ、舞台など色んな作品を一緒にしていて。今回主題歌・音楽が『クリープハイプ』なんですけど尾崎(世界観)君と池松君と僕が割と20代の頃に何か新しいものを作ろうとやっていて、ちょっと息切れして離れ離れになったんですけど、今回勝負がしたくて池松君にお願いして、そういった時に『なんか太陽みたいな人がいたらいいな』と思って伊藤さんにお願いしました」と、キャスティングの理由について明かす場面も。

撮影は今年の夏に行われ、非常に短いスパンでの完成となったが「TIFF(東京国際映画祭)にどうしても出したくて、頑張りました(笑)」と語る松居監督。本作は松居監督作品としてTIFFでは4作品目、コンペでは2作品目の作品となるが「海外の作品と一緒に並んで上映されるコンペティションで、文化の違いや生活習慣の違いなどそういうものも含めて企画したりしてもらえる、理解し合えるという所が嬉しいですし、どういう風に海外から見られるんだろう、どういう感想が聞けるんだろうと楽しみです」とコメント。

「ちょうどこの2年くらい世界で共通する流行り病があって、それぞれの感覚があると思っていて…日本や東京にいる僕らの見ている景色ってありますけど、頑張っていこうよという映画になったらいいなというのもあったので、コンペというのは意味があるなと思いました」と打ち明けた。

さらに、ここで誕生日を迎えた松居監督にサプライズで主演の池松さんがケーキを運びながら登場! 「愛する松居大悟監督、おめでとうございます」と愛あるメッセージを贈ると、松居監督も「胸がいっぱいですね。嬉しいです。親が今日生んでくれてありがたいなという親への感謝もありますし、東京国際映画祭が11月2日に上映してくれたからとか、なんか混乱しています(笑)」と感無量の表情を見せていた。

『ちょっと思い出しただけ』は2022年早春、公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top