鈴木伸之が公安捜査官、犬飼貴丈“ヤクザ”と禁断のバディ!「ケイ×ヤク」1月スタート

鈴木伸之が主演するドラマ「ケイ×ヤクーあぶない相棒―」が、来年1月からスタートすることが決定。

最新ニュース スクープ

現在放送中の「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」や「恋です! ~ヤンキー君と白杖ガール~」への出演も話題の鈴木伸之が主演するドラマ「ケイ×ヤクーあぶない相棒―」が、来年1月からスタートすることが決定。共演に犬飼貴丈を迎え、“公安捜査官×ヤクザ”という、禁断のバディを描く。

本作は、鈴木さん演じる堅物な公安捜査官・国下一狼と、犬飼さん演じるミステリアスなヤクザの若頭・英獅郎が挑む、あぶないサスペンスドラマ。2人は、協力し合う関係を周囲から隠すために、偽りの“恋人契約”を結んで動き出す。そして、闇に葬られた事件を秘密捜査で追ううちに、次第に巨大な陰謀へと巻き込まれていく。

運動神経抜群のハイスペック男子でありながら、バカが付くほど真面目で恋愛経験ゼロな一狼を演じる鈴木さんは「この作品は、とある過去の事件の真相を探るべく、警察とヤクザという2人の異色のコンビが解決へと辿る物語になっています。とても堅物で実直な警察官役ということで、また新たな一面を皆様にお見せできるよう、僕自身も作品に対して実直に向き合っていきたいと思います」と意気込み、「皆さまの生活の中で、この作品が一週間のうちの楽しみの1つになっていただければと思います。最後まで皆さま宜しくお願いします」とメッセージ。

死に対する恐怖心がなく、破れかぶれに、刹那的に生きている獅郎役の犬飼さんも「すごく魅力的なキャラクターな分、じっくりと丁寧に演じさせて頂ければと思います。ピリピリハラハラドキドキをお届けできる様に精一杯頑張りますので、是非ご覧ください」とコメントしている。

本作は、「Palcy」(講談社)にて連載中の同名漫画が原作。原作者の薫原好江は「素晴らしいスタッフとキャストの皆さんによってどんな『ケイ×ヤク』にしていただけるのか、一視聴者としても楽しみにしています」と期待する。

また、監督・演出を務めるのは、『サイレント・トーキョー』「SP 警視庁警備部警護課第四係」「コールドケース ~真実の扉~」の波多野貴文。「主演の鈴木伸之さんと犬飼貴丈さんとは初めてですが、お二人のセンスや価値観と原作の化学反応がどう作品に表現されていくのか、今から楽しみです。」と話している。

▼ストーリー
3年前、未解決のまま突如幕引きされた失踪事件、通称「ジョーカー事案」。警視庁公安部の捜査官・国下一狼は、捜査再開を訴え続けていたが、全く別の任務を命じられる。指定暴力団若頭・英獅郎の内偵と監視。3年前に組に入ってから若頭まで上り詰めた謎の多い人物だという。獅郎に接近する任務の過程で、ある驚愕の事実を知った一狼は、獅郎と偽りの恋人契約を結ぶことを決意。事件を追う2人の秘密捜査は、次第に国家を揺るがす事件、そして2人の運命とも結びついていく――。

プラチナイト モクドラF「ケイ×ヤクーあぶない相棒―」は2022年1月13日より毎週木曜日23時59分~読売テレビ・日本テレビ系にて放送予定。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top