林遣都、洪水シーン撮影で丸一日ずぶ濡れに… 『恋する寄生虫』メイキング映像

新進気鋭作家・三秋縋のベストセラー小説を映画化した林遣都 ×小松菜奈のW主演作『恋する寄生虫』より、本編&驚きの撮影方法が明かされるメイキング映像が解禁された。

映画 邦画ニュース
『恋する寄生虫』 メイキング(C)2021「恋する寄生虫」製作委員会
  • 『恋する寄生虫』 メイキング(C)2021「恋する寄生虫」製作委員会
  • 『恋する寄生虫』 メイキング(C)2021「恋する寄生虫」製作委員会
  • 『恋する寄生虫』(C)2021「恋する寄生虫」製作委員会
  • 『恋する寄生虫』本ビジュアル (C)2021「恋する寄生虫」製作委員会

新進気鋭作家・三秋縋のベストセラー小説を映画化した林遣都 ×小松菜奈のW主演作『恋する寄生虫』より、本編&驚きの撮影方法が明かされるメイキング映像が解禁された。


>>『恋する寄生虫』あらすじ&キャストはこちら

先週より公開がスタートし、SNSや映画レビューサイトで絶賛の声が溢れている本作。「映像が面白い!」「2人に共感できる映像がすごい」など、柿本ケンサク監督が手掛けたユニークな映像表現が多くの観客の心を掴んでいる。

たくさんの印象的な映像があるなかでも特筆すべきは、林遣都扮する高坂の潔癖症と、小松菜奈扮する佐薙の視線恐怖症をCGを用いて見事に表現したシーン。高坂の手のひらからばい菌が広がっていく想像の描写や、グロテスクな目玉に囲まれ佐薙が怯える様子など、通常では目に見えないものを恐れる彼らの日常を具体的に映像化している。そんな特殊効果が注目されている本作が、中にはハリウッド映画のような大規模な方法で撮影されたシーンも。

この度、解禁されたのは、そんな迫力満点の本編&メイキング映像。 極度の潔癖症を抱える高坂は他人の存在を受け付けられず、体が限界を超えると嘔吐してしまう。他人と接触しなければならない公共交通機関も避け自転車に乗る生活をしているが、ある事情からやむを得ず苦手なバスに乗車することに。耐えられなくなってしまった高坂の吐き気が込み上げるという状態を、“波が襲ってくる”という視覚的な比喩で表現している。

なんとこちらは本物のバスに大量の水を流し込んで撮影されている。窓の景色は合成のため、バスの周りにグリーンバックをセッティングしたうえで、後部ドアの部分から滑り台のような装置を作り、海藻が入った大量の水がバスの中の林さん目掛けて一気に流し込まれた。

さらにこのシーン以外に、高坂の部屋のシーンでも同様の演出があり、そちらは別場所で撮影されていた高坂の部屋のセットをそのまま屋外に持ち込み、大量の水を流して撮影された。1日で2つの洪水シーンを撮影したため、林さんにとっては丸一日ずぶ濡れで体を張った撮影日となった。

恐怖症を抱える2人の恋の行方とともに、思わず目を見張るような映像の数々にも注目したい。

『恋する寄生虫』は全国にて公開中。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top