柳楽優弥、タップダンスは「本当に難しくて」監督&キャストが撮影語る『浅草キッド』

大泉洋&柳楽優弥共演Netflix映画『浅草キッド』のフィーチャレット映像が公開された。

映画 邦画ニュース
Netflix映画『浅草キッド』
  • Netflix映画『浅草キッド』
  • Netflix映画『浅草キッド』
  • Netflix映画『浅草キッド』
  • Netflix映画『浅草キッド』
  • Netflix映画『浅草キッド』

先日ついに、配信がスタートした、大泉洋&柳楽優弥共演のNetflix映画『浅草キッド』。この度、2人がタップや漫才などに挑むフィーチャレット映像が公開された。

本作は、ビートたけしの原点であり、師匠・深見千三郎と過ごした日々を描く、ビートたけしの誕生の物語。

今回公開された映像は、監督・脚本を手掛けた劇団ひとりが、『青天の霹靂』に続き2作目に本作を選んだ理由を「どうしても『浅草キッド』を撮りたい。理由はただ一つ、僕がやりたいという事しかなくて」と語る場面からスタート。

続いて、本作でも印象的に登場するタップダンスのメイキングが映し出され、顔が映っていないタップシーンに対して、深見役の大泉さんは「オレである意味あります?吹替だとしか思われない!」と笑いを誘う。大泉さんは「練習は大変でしたね。最初は出来るのかなと思っていたけれど、やっていくと楽しくて」とふり返り、タケシ役の柳楽さんも「たけしさんのタップダンスの映像を見ると独特な雰囲気の格好良さがあるんです。現場に入る前に3、4か月習いましたが、本当に難しくて」とその難易度の高さに触れる。

また柳楽さんにとってもう一つの挑戦が、“漫才”。「ツービートのテンポ速さの練習だったり、北野武さんの話し方、特徴を松村邦洋さんに教えて頂きました。一つ一つ勉強して練習していって自分の中の怖さを消していくことの毎日でした」と、その重圧を明かしている。

『浅草キッド』フィーチャレット映像

Netflix映画『浅草キッド』は全世界独占配信中。

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top