柳楽優弥“黒木”喜びの雄叫びに「可愛すぎる」の声、加藤シゲアキ“灰谷”のネクタイにも反応多数…「二月の勝者」最終話

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

最新ニュース スクープ
「二月の勝者 -絶対合格の教室-」最終話(C)NTV
  • 「二月の勝者 -絶対合格の教室-」最終話(C)NTV
  • 「二月の勝者 -絶対合格の教室-」最終話(C)NTV
  • 「二月の勝者 -絶対合格の教室-」最終話(C)NTV
  • 「二月の勝者 -絶対合格の教室-」最終話(C)NTV
  • 「二月の勝者 -絶対合格の教室-」最終話(C)NTV

柳楽優弥主演「二月の勝者-絶対合格の教室-」が12月18日の放送でフィナーレを迎えた。島津の開成合格を知った黒木の“雄叫び”に「可愛すぎる」といった反応が集まるとともに、加藤シゲアキ演じる灰谷のネクタイのカラーにも注目が集まっている。

名門中学受験塾の元カリスマ講師が、難関校合格者を数名出してはいるものの合格実績はあまりふるわない中堅中学受験塾に、校長としてやってくる。「中学受験は課金ゲーム」「子供を合格に導くのは、父親の経済力と母親の狂気」といった言動で講師陣を驚かせる彼だが、影で私塾を運営するなど、別の顔も持っていて…というストーリーが展開してきた本作。

中堅中学受験塾「桜花ゼミナール」吉祥寺校の校長となる黒木蔵人を柳楽さんが演じ、中学教師から桜花ゼミナール新人講師に転身した佐倉麻衣に井上真央。超名門中学受験塾「ルトワック」の講師で黒木の部下だった灰谷純に加藤シゲアキ。

「桜花ゼミナール吉祥寺校」講師陣として池田鉄洋、瀧内公美、今井隆文。塾講師たちが通う「井の頭ボウル」マスター・大森新平に加治将樹。その娘・大森紗良に住田萌乃といったキャストが出演した。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

1月、本命校受験前の予行演習として「一月受験」をする生徒たちと、それを支える講師たちの様子からスタート。黒木は島津(羽村仁成)が急遽海王中を受験することになり応援に駆けつける。黒木は島津が震えてることに気付くが、島津は「本当の力試しができると思うとゾクゾクして震えてる」と答え、それを見た黒木は島津の合格を確信。島津は開成にも合格するが、彼は開成を辞退し都立中への進学を決める。黒木に対し開成の合格は黒木先生をはじめとした「桜花の先生たちみんなへのプレゼントだと思ってよ」と笑顔を見せる…というのが最終話の展開。

島津の姿に「緊張ではなく腕試し出来ることにゾクゾクして震えてる島津くん凄すぎる」「受験本番で実力を試せることに興奮して震えてる島津くんの大物感はんぱないな」「島津くんこの子ぜったい大物になるわ、偉すぎる!!」などの声が送られる。

また最終回では受験前日、生徒も講師も帰宅した教室でひとり震える黒木の姿や、島津が開成に合格した際、喜びに溢れる講師陣たちの前ではクールな姿を見せつつ、校長室に戻ると1人で「よっしゃー!」と叫ぶ黒木の様子などが描かれた。

これまでにない“人間味”あふれる黒木の姿に「黒木先生も不安に打ちひしがれ身震いすることがあるのかぁ」「黒ちゃんの弱いところにキュンとしちゃう」といった声も続々。特に島津の開成合格を知って叫ぶ姿には「黒木先生可愛すぎる」「黒木先生wwwwwwwwwめちゃめちゃ喜んどる」「黒木先生が叫んだァァァーーーー(笑)」といった反応も。

また終盤で黒木と語り合う灰谷のネクタイのカラーにも多くの注目が集まった模様。「灰谷先生のネクタイの色は緑と黄色と...紫??」「灰谷先生?そのネクタイ、ほぼNEWSカラーでは?」「シゲのネクタイもしかしてNEWSカラー」など“NEWSカラー”のネクタイに多くのコメントが寄せられている。

《笠緒》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top