ただ家族と共に暮らしたい…強制送還の危機を乗り越えられるのか『ブルー・バイユー』予告編

2021年カンヌ国際映画祭に出品され、8分間におよぶスタンディングオベーションで喝采を浴びた『ブルー・バイユー』から予告編が解禁。

映画 洋画ニュース
『ブルー・バイユー』(C)2021 Focus Features, LLC.
  • 『ブルー・バイユー』(C)2021 Focus Features, LLC.
  • 『ブルー・バイユー』(C)2021 Focus Features, LLC.
  • 『ブルー・バイユー』(C)2021 Focus Features, LLC.
  • 『ブルー・バイユー』(C)2021 Focus Features, LLC.
  • 『ブルー・バイユー』(C)2021 Focus Features, LLC.
  • 『ブルー・バイユー』(C)2021 Focus Features, LLC.
  • 『ブルー・バイユー』(C)2021 Focus Features, LLC.
  • 『ブルー・バイユー』(C)2021 Focus Features, LLC.

2021年カンヌ国際映画祭に出品され、8分間におよぶスタンディングオベーションで喝采を浴びた『ブルー・バイユー』から予告編が解禁となった。


>>『ブルー・バイユー』あらすじ&キャストはこちらから

韓国で生まれ、わずか3歳でアメリカに養子に出された青年アントニオ。30年以上前の書類の不備で強制送還される危機に瀕する。

この度解禁された予告編では、妻のキャシー(アリシア・ヴィキャンデル)、幼い娘のジェシーと共に家族3人で幸せに暮らしていたアントニオ(ジャスティン・チョン)が、些細なトラブルがきっかけで移民局へと連行され、強制送還の危機に直面する場面が切り取られている。

アントニオはアメリカからの国外追放を命じられるが、家族とは離れないと決心し、ある決断を下す。一方、幼いジェシーはアントニオが遠くへ行ってしまうのかと不安を抱え、キャシーは「あなたとならどこへでも行く。怖くなんかない」とアントニオを支え、一緒にアメリカで暮らす方法を探して奔走する。最後の「家族と共に暮らしたい。ただ、それだけ」というコピーが胸に残る映像となっている。

『ブルー・バイユー』は2月11日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top