ステラ・マッカートニー、ディズニーランド・パリの30周年記念にミニーマウス初のパンツスーツをデザイン

今年、開園30周年記念を迎えるディズニーランド・パリが、ミニーマウスの新しい衣装を発表した。ステラ・マッカートニーがデザインしたという、ミニーマウスにとって初めてのパンツスーツ。

最新ニュース ゴシップ
ステラ・マッカートニー、ミニー・マウス (C) Getty Images
  • ステラ・マッカートニー、ミニー・マウス (C) Getty Images
  • ステラ・マッカートニー Photo by Rich Fury/Getty Images
  • ミニー・マウス Photo by Anna Webber/Getty Images for Disney

今年、開園30周年記念を迎えるディズニーランド・パリが、ミニーマウスの新しい衣装を発表した。ステラ・マッカートニーがデザインしたという、ミニーマウスにとって初めてのパンツスーツ。「女性史月間」である3月から着用するという。

ステラは「唯一無二でアイコニックなミニーマウスと一緒に働くことができて大変うれしく思います。ミニーは私の心の特別な場所に存在していました。私たちは同じ価値観を共有しているのです。ミニーの好きなところは、喜び、自分らしさ、偽りのなさを具体的に表現するということ。彼女はそうして世界中のあらゆる年齢の人々にインスピレーションを与えています」とコメント。

パンツスーツについては、自身のブランドを設立した20年以上前からサステナビリティを追求してきたステラならではのこだわりの生地を用い、ミニーを象徴する「水玉模様」を継承したデザインに。新しい水玉模様の衣装を着るミニーには、「新しい時代へ進むためのシンボルになります」というステラの思いが込められているようだ。

「Fox News」によると、ミニーはドレスを着用することがなくなるわけではないとのこと。ディズニーランド・パリが公開した30周年記念の広告動画で、新しいドレス姿も披露している。

《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top