音楽にのせて贈る色とりどりの世界観!『ライフ・ウィズ・ミュージック』衣装デザイン

シンガーソングライター・Siaが初監督『ライフ・ウィズ・ミュージック』から、色とりどりの世界観で新感覚の“衣装デザイン”が楽しめる音楽シーンが明らかに。

映画 洋画ニュース
『ライフ・ウィズ・ミュージック』(C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ライフ・ウィズ・ミュージック』(C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ライフ・ウィズ・ミュージック』(C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ライフ・ウィズ・ミュージック』(C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ライフ・ウィズ・ミュージック』(C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ライフ・ウィズ・ミュージック』(C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ライフ・ウィズ・ミュージック』(C) 2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ライフ・ウィズ・ミュージック』(C) 2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.

ケイト・ハドソン主演、シンガーソングライター・Sia(シーア)が初監督を務めるポップ・ミュージック・ムービー『ライフ・ウィズ・ミュージック』愛すべき人々の存在によって主人公ズーが生きる希望を見出していくドラマシーンと、登場人物の心情を表現したカラフルでポップな音楽シーンが交錯する本作から、色とりどりの世界観で新感覚の“衣装デザイン”が楽しめる音楽シーンが明らかになった。


>>『ライフ・ウィズ・ミュージック』あらすじ&キャストはこちらから


本作の心躍る美しい衣装デザインは、Disney+オリジナルドラマ「ロキ」でデザイン性とキャストへの思いやりのある機能性を兼ね備えた衣装デザインで話題を呼んだクリスティーン・ワダが担当した。

監督Siaは「私の頭には常にはっきりしたビジュアルがあったから、参考になる映画の場面があればPCのフォルダーに保存しておきました。映画やミュージカルの写真が何百枚と集まっていました。そして、自分で描いたイメージ画をクリスティーン・ワダに送って、それをブラッシュアップして、衣装に仕立ててくれたのです」と、Sia監督のビジョンを叶えた、これまでにない“新体感”衣装デザインの始まりを明かす。

私の好きな映画には魔法のような煌びやかさもあれば、現実を炙り出す生々しさもある。その両方をこの映画に求めました。アートの目的は、感情を生み出すことだから」というSiaの思いをベースに、キャスト陣のエモーショナルな歌とダンスパフォーマンスをさらに目立たせるコスチュームが誕生していったのだ。


夢の中で喜びを表現する「Best Friend」


主人公ズー(ケイト・ハドソン)と妹ミュージック(マディ・ジーグラー)が再会を果たした夜、ミュージックが眠りにつくところから始まる「Best Friend」のシーン。パステルカラーのポンポンが可愛いヘッドホンを被り、動きに合わせてふわふわとする雲のようなピンク色の衣装は、浮遊感のあるサウンドにもぴったり!


愛がみなぎってくる「1+1」


心優しい隣人・エボ(レスリー・オドム・Jr.)の助けによってミュージックとの向き合い方が分かり始めたズーが、みんなと幸せのひとときを送る場面から始まる「1+1」のシーン。ズーは黄色、ミュージックは明るいグリーン、エボは赤みのピンクという、明るくて生き生きとしたカラー衣装が躍動感あるパフォーマンスをより際立たせる。


オシャレで可愛い衣装に心ときめく「Could I Love With No Fear」


ズーの仕事の都合で撮影スタジオにきたミュージックは、ハンガーに掛けられているオシャレで可愛い服の数々に興味津々。そのハンガーの隙間を覗くことから始まる「Could I Love With No Fear」のシーンでは、ミュージックの頭にあるフィッティングルームで飛び出してくるパフォーマンスと共に、合計9着の衣装をチェンジする。どれが一番可愛い? と問いかけながら楽しめるワンシーン。


大人しい花柄の世界が咲く「MUSIC」


急死した祖母ミリーが残してくれたオリジナル曲「MUSIC」は、ズーとミュージックが幼いころからの思い出の曲として劇中何度も登場する。大切な人の死を受け入れ、あの世に送り出すかのように始まる「MUSIC」のシーンでは、ズーはもちろん、登場キャラクター全員が大人しい鮮やかな花柄プリントの衣装で登場し、その存在感を引き立てる。

「人々が劇場を後にするとき、感動を噛みしめながら、ワクワクした、幸せな気持ちであってほしいと思っている」と語るSia監督の想いが詰め込まれた本作。その音楽シーンは、これまで独創的なミュージックビデオを世に放ち注目を集めてきたSiaの唯一無二の衣装で彩られている。

『ライフ・ウィズ・ミュージック』は2月25日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top