学生時代の初恋が最後の恋へ…キム・ドンジュン×キム・ジェギョン『最初の恋、最後の恋人』4月公開

キム・ドンジュンとキム・ジェギョンが共演する恋愛映画『最初の恋、最後の恋人』が4月1日(金)より公開決定、日本版キーアートと予告編が解禁。

韓流・華流 スクープ
『最初の恋、最後の恋人』 (C)2021 PRIVATE COMPANY <A WAY STATION> All rights reserved
  • 『最初の恋、最後の恋人』 (C)2021 PRIVATE COMPANY <A WAY STATION> All rights reserved
  • 『最初の恋、最後の恋人』 (C)2021 PRIVATE COMPANY <A WAY STATION> All rights reserved
  • 『最初の恋、最後の恋人』 (C)2021 PRIVATE COMPANY <A WAY STATION> All rights reserved
  • 『最初の恋、最後の恋人』 (C)2021 PRIVATE COMPANY <A WAY STATION> All rights reserved
  • 『最初の恋、最後の恋人』 (C)2021 PRIVATE COMPANY <A WAY STATION> All rights reserved
  • 『最初の恋、最後の恋人』 (C)2021 PRIVATE COMPANY <A WAY STATION> All rights reserved
  • 『最初の恋、最後の恋人』 (C)2021 PRIVATE COMPANY <A WAY STATION> All rights reserved
  • 『最初の恋、最後の恋人』 (C)2021 PRIVATE COMPANY <A WAY STATION> All rights reserved

ボーイズグループ「ZE:A」出身で俳優として活躍するキム・ドンジュンと、ガールズグループ「RAINBOW」出身で話題のドラマ出演が続くキム・ジェギョンが共演する恋愛映画『簡易駅』(原題)が、邦題『最初の恋、最後の恋人』として4月1日(金)より公開決定。日本版キーアートと予告編が解禁された。

友達以上、恋人未満だった高校の同級生スンヒョン(キム・ドンジュン)とジア(キム・ジェギョン)は気持ちを伝えられないまま、離れ離れになってしまう。7年後、故郷に戻ってきたジアは、地元でパティシエとして成功したスンヒョンと再会する。ついに互いの気持ちを確認し、再び恋に落ち、幸せへと向かうはずの2人だったが、それぞれに秘密を抱えていた…。

主演を務めるのはドラマ「補佐官」シリーズなどで安定的な演技力で好評を博し、バラエティでも活躍を見せるキム・ドンジュン。アルツハイマー病と診断されながらも1人の女性を懸命に愛する男性スンヒョン役を担い、愛だけが人生の光となる人物をより繊細で深みのある演技を披露する。

そのスンヒョンの学生時代の同級生であり、病に侵され余命宣告を受けた女性ジア役にドラマ「初対面だけど愛してます」「悪魔判事」などで役者としての地位を固めたキム・ジェギョン。限られた時間の中でも、愛する人の前でたくましく笑顔を見せる人物を演じた。

学生時代の初恋でありつつ、最後の恋につながるキャラクターに完全に溶け込んだ2人は、お互いへの恋心を切なく表現する繊細な表現力と、抜群のケミストリーを醸し出す。

さらに、「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」をはじめ“OSTの女王”と称される実力派歌手Ailee(エイリー)が歌い上げたテーマソングが本作のクライマックスを彩ったことも大きな話題を呼んだ。

『最初の恋、最後の恋人』は4月1日(金)よりシネマート新宿ほか順次公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top