伊藤英明&内田有紀が広瀬すず“梅”の両親役、田中圭は伊藤博文に SPドラマ「津田梅子」

広瀬すずが津田梅子を演じ、彼女の青春を描くスペシャルドラマ「津田梅子 ~お札になった留学生~」。この度、本作の第3弾キャストが発表された。

最新ニュース スクープ
「津田梅子 ~お札になった留学生~」
  • 「津田梅子 ~お札になった留学生~」
  • ディーン・フジオカ/『空飛ぶタイヤ』レッドカーペットイベント&完成披露試写会
  • 田中圭『そして、バトンは渡された』/photo:Maho Korogi
  • 伊藤英明
  • 内田有紀「わたし、定時で帰ります。」のプレミアム試写会&舞台挨拶

広瀬すずが津田梅子を演じ、彼女の青春を描くスペシャルドラマ「津田梅子 ~お札になった留学生~」。この度、本作の第3弾キャストが発表された。

日本初の女子留学生としてアメリカに渡り、女子教育の道を切り拓いた津田梅子(幼名・梅)。本作では、結婚や仕事について悩む等身大の姿にもスポットを当て、誰も知らない津田梅子を丁寧に綴っていく。

梅を力強くバックアップするのは、先日発表された共にアメリカ留学をやり遂げた親友2人、山川捨松(池田エライザ)と永井繁(佐久間由衣)。そしてここにもうひとり、大きな支えとなった留学仲間・吉益亮を演じるのが宮澤エマ。彼女は、眼病にかかって1年たらずで帰国するが、その10年後梅と再会し、友情を育んでいく。

また、梅と同様に海外に留学し、のちに学者として活躍する神田乃武を井之脇海が演じ、梅は神田に淡い恋心を抱くも、梅の思いに気づかぬまま、神田は捨松に好意を寄せる展開に。  

そして梅の両親、仙と初を、伊藤英明内田有紀原田美枝子が晩年の梅に扮し、作品全体のナレーションも担当。現地で梅たちを手厚くサポートする初代文部大臣・森有礼をディーン・フジオカ、初代内閣総理大臣・伊藤博文を田中圭平岩紙が桃夭女塾(現・実践女子大学)を作った歌人・下田歌子を演じることも決定した。

スペシャルドラマ「津田梅子 ~お札になった留学生~」は3月5日(土)21時~テレビ朝日系にて放送。

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top