明かされる黒木華“凛々子”の過去…ラストの涙に「胸打たれた」などの声続出、寛 一 郎“虎太郎”には安堵の声も「ゴシップ」6話

黒木華が主演する「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」の6話が2月10日放送。明かされる凛々子の過去、寛 一 郎演じる虎太郎の“本当の目的”に安堵する声が上がるなか、ラストの凛々子の涙に「めちゃくちゃ胸打たれた…」など感動する視聴者が続出している。

最新ニュース スクープ
「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」第6話(C)フジテレビ
  • 「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」第6話(C)フジテレビ
  • 「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」第6話(C)フジテレビ
  • 「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」第6話(C)フジテレビ
  • 「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」第6話(C)フジテレビ
  • 「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」第6話(C)フジテレビ

黒木華が主演する「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」の6話が2月10日放送。明かされる凛々子の過去、寛 一 郎演じる虎太郎の“本当の目的”に安堵する声が上がるなか、ラストの凛々子の涙に「めちゃくちゃ胸打たれた…」など感動する視聴者が続出している。

大手出版社・クスノキ出版経理部から突如ニュースサイト「カンフルNEWS」の編集長となった瀬古凛々子を黒木さんが演じる完全オリジナル社会派風お仕事エンターテインメントとなる本作。

凛々子役の黒木さんをはじめ、「帰るのがめんどくさいから」と会社で寝泊まりすることが多い根津道春に溝端淳平。祖母の介護をしていた下馬蹴人には野村周平。学生時代の友人を取材し成長した一本真琴に石井杏奈。中学生の息子を育てている椛谷静司に野間口徹。

中学生だった凛々子が死なせたとされる岸辺春香の弟・笹目虎太郎に寛 一 郎。凛々子が通う薬膳カフェ「黄実子」の店長・黄実子にりょう。凛々子の過去を知っているクスノキ出版執行役員の仁和正樹に安藤政信といったキャストが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

凛々子は笹目から自分が春香の弟だと告げられる。春香(永瀬莉子)は凛々子と同じ中学に通っていた不良少女だったが溺死していた。笹目は凛々子に聞きたいことがあると続けるが、凛々子のことを心配した根津が駆けつけ、笹目はその場を去る…というのが6話の展開。

その後。仁和は椛谷に対し、虎太郎は根津に対し、それぞれ中学時代の凛々子と春香に起きた出来事の真相を語り始める…。凛々子と春香は親しくなっていったが、そのことで春香の不良仲間たちは「付き合いが悪い」と思うようになっていた。そんななか春香はグループを抜けるため、川の中州まで行く“度胸試し”をやらされ、足を滑らせて溺死。凛々子が真犯人とネットに書き込んだのはその不良仲間で、その後真実が明らかになるものの、結局度重なるいたずら電話や嫌がらせ行為によって、凛々子と母親は引っ越し、本名を隠して生きることになった…これが16年前の事件の真相だった。

虎太郎は、姉の死が無関係な凛々子の人生まで狂わせたことがずっと気がかりで、諦めかけていた時偶然再会したという。「普通に話してみたかったんです。1人の男として」と、正体を隠して近づいた理由を語る虎太郎に「編集長、弟くんに恨まれてたわけじゃなかった…」と安堵の声が上がる一方、「ストーカーみたいなことをする必要はあったんかwww」といった反応や「当時から瀬古に好意持ってたっぽいな」と推測する声も。

その後、虎太郎は実家で見つけたという春香が書いた進路希望の書類を凛々子にみせる。そこには「凛々子と同じとこ!!!」と書かれていた。「姉はあなたが納得できる形で友達になろうとしてたんだと思います」と語る虎太郎を前に、凛々子は「今も会いたい、春香に」と口にし涙を流す…。

「凛々子の感情が初めて爆発して、初めて涙流してるところにめちゃくちゃ胸打たれた…」「最後の凛々子の涙にもらい泣き」「ゴシップ観て涙が出た 親友と会いたくなった」「凛々子@黒木華の心が潤っていくような感じが嬉しいやら苦しいやらで涙が出ちゃった」など、これまでになく感情を発露した凛々子の姿に、胸打たれる視聴者が続出している模様だ。

《笠緒》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top