密着17年!寂聴さんの金言が詰まったドキュメンタリー『瀬戸内寂聴99年生きて思うこと』5月公開へ

2021年に惜しまれつつ亡くなった瀬戸内寂聴の<生誕100年記念>ドキュメンタリー『瀬戸内寂聴99年生きて思うこと』が、5月27日(金)より公開されることが決定した。

映画 邦画ニュース

2021年に惜しまれつつ亡くなった瀬戸内寂聴の<生誕100年記念>ドキュメンタリー『瀬戸内寂聴99年生きて思うこと』が、5月27日(金)より公開されることが決定した。

2022年5月15日で満100歳を迎えるはずであった瀬戸内寂聴に、17年という途方もない歳月の間密着し、撮影を続けた監督・中村裕。2015年にNHKスペシャル「いのち 瀬戸内寂聴 密着500日」(ATP賞ドキュメンタリー部門最優秀賞受賞)のディレクターもつとめており、本作には長年寄り添い続けた監督だから描ける<誰も知らない瀬戸内寂聴>の金言の数々が詰め込まれている。

この度解禁されたティザービジュアルでは、寂聴さんの名言「もっと自分を愛しなさい。そうすれば人生が変わります」がコピーに使われている。そして日本中で知らない人はいない瀬戸内寂聴という人物をアイコニックに表現した、大胆なイラストのデザインが目をひく1枚に仕上がっている。

死の直前まで月刊誌、新聞の連載をこなす“現役”作家であり、月1の法話には全国から人が押し寄せる「最長寿の国民的アイドル」だった寂聴さん。駆け落ち、不倫、三角関係など、自らの体験を私小説の形で次々に発表し、世間のバッシングに晒されるも、女流作家として不動の地位を確立した。

また51歳のときに出家して以降は、僧侶、作家の2つの顔を持つ。いつまでも恋心を持って生きる。女性であるということを忘れず人生を楽しむ。彼女のそんな“生き様”は、不寛容な空気が充満しつつある現代社会で、人間の生命力とは何かを強く感じさせてくれるものであり、<いかに生き、老いていけばいいのか>というヒントにもなっている。

『瀬戸内寂聴99年生きて思うこと』は5月27日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top