岸井ゆきの&浜辺美波「感動」「役を考える救いに」『やがて海へと届く』冒頭アニメパート公開

岸井ゆきのと浜辺美波が共演する映画『やがて海へと届く』の冒頭2分半のアニメーションパート映像、イラストが公開された。

映画 邦画ニュース
『やがて海へと届く』(C)2022 映画「やがて海へと届く」製作委員会
  • 『やがて海へと届く』(C)2022 映画「やがて海へと届く」製作委員会
  • 『やがて海へと届く』(C)2022 映画「やがて海へと届く」製作委員会
  • 『やがて海へと届く』(C)2022 映画「やがて海へと届く」製作委員会
  • 『やがて海へと届く』(C)2022 映画「やがて海へと届く」製作委員会
  • 『やがて海へと届く』(C)2022 映画「やがて海へと届く」製作委員会
  • 『やがて海へと届く』(C)2022 映画「やがて海へと届く」製作委員会
  • 『やがて海へと届く』(C)2022 映画「やがて海へと届く」製作委員会

岸井ゆきのと浜辺美波が共演する映画『やがて海へと届く』の冒頭2分半のアニメーションパート映像、イラストが公開された。


>>『やがて海へと届く』あらすじ&キャストはこちらから


本作は、突然、消息を絶った親友の死を受け入れられずにいる主人公・真奈が、深い悲しみを抱えながらも前に踏み出そうとする姿を見つめる、喪失から再生へと向かう物語。アニメーションパートでは、浜辺さん演じるすみれの幻想的な世界を、水彩タッチの繊細なアニメーションで表現。原作小説のもつ映像化困難と言われた世界観と、人の思いと命の循環が印象的に描かれる。

そんなアニメーションパートについて、真奈役の岸井さんは「完成版を観た時に『こんな風に実写とアニメが折り重なっていくんだ』と感動しました。アニメがラストシーンに向かう橋渡しの役割をしていて、実写では伝えられないことをより観客の皆さんの心にダイレクトに届けられていると思います」と話し、浜辺さんも「一番最初の顔合わせのときにアニメーションの映像を見せていただきました。不思議なのですが、腑に落ちた気持ちにもなり、同時にアニメーションの中の女性の姿に必死に涙を堪えたのを覚えています。私にとってあのアニメーションがあったことは役を考える救いになりました。映画全編を通してみるとまた受け取る感情が変わるのではないかと思っています」と明かしている。

アニメーションパートを製作したのは、「進撃の巨人」(シーズン1~3)のWIT STUDIO。アニメーション監督を務めた久保雄太郎(『Kicking Rock』)と米谷聡美(『白いうなばら』)は、「アニメーションは、形のないものを象っていく性質をもっています。一つひとつ描いていった輪郭は、彼女、彼らの記憶であり、想いであり、時間であり。大切なものを想い、大切なものに気づかされながら、誰かの代わりに日記を書くように、あるいは記録をするように形を作っていきました」(久保さん)、「あったかもしれない未来や、憧れに胸を焦がし、いつのまにか記憶が混濁していく。儚く移ろい続け、とどまることを知らない水面の反射に、真奈とすみれを重ね合わせながら、あらゆるゆらぎに寄り添いたい一心でアニメーションに挑みました」(米谷さん)とコメントしている。

『やがて海へと届く』は4月1日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top