杉野遥亮、「ユニコーンに乗って」ほか来年は大河も!いま飛躍の時

「ユニコーンに乗って」「僕の姉ちゃん」、映画『バイオレンスアクション』に来年の大河ドラマなど、いま絶好調の杉野遥亮に注目

最新ニュース コラム
杉野遥亮『やがて海へと届く』/photo:Maho Korogi
  • 杉野遥亮『やがて海へと届く』/photo:Maho Korogi
  • 杉野遥亮『やがて海へと届く』/photo:Maho Korogi
  • 『バイオレンスアクション』(C)浅井蓮次・沢田 新・小学館/『バイオレンスアクション』製作委員会
  • 杉野遥亮『やがて海へと届く』/photo:Maho Korogi
  • 「僕の姉ちゃん」(C)テレビ東京
  • 「僕の姉ちゃん」(C)テレビ東京
  • 「僕の姉ちゃん」(C)テレビ東京
  • 火曜ドラマ「ユニコーンに乗って」

杉野遥亮が、いま絶好調だ。

続編も決まった2021年の大ヒット実写映画『東京リベンジャーズ』では橘ナオト役を演じてタケミチと観客を導き、昨秋のドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」では心優しきヤンキー役が話題に。ピンチヒッターとして出演した「妻、小学生になる。」でも爪痕をしっかりと残した。Bunkamuraシアターコクーン「夜への長い旅路」では大竹しのぶや大倉忠義らと共演し、初舞台も踏んだ。

今年4月、映画『やがて海へと届く』のシネマカフェインタビューでも語っていたが、「(この1年は)目の前のことに精一杯」と自身でもふり返るほど「濃かった」という。

そしていまも、黒木華と姉弟を演じて先行配信で好評を博した「僕の姉ちゃん」の地上波放送がスタート、永野芽郁&西島秀俊らと共演する「ユニコーンに乗って」でも注目を集めており、橋本環奈がピンク髪のヒットガールを演じる映画『バイオレンスアクション』では彼女と急接近するヤクザの会計士テラノ役に起用され、その勢いは留まることを知らない。


「僕の姉ちゃん」“姉”黒木華との会話が癒し


「素直で素朴で平凡中の平凡と言われる順平役って実はすごく難しいと思うんだけど、杉野くんが見事に体現されていてすごい」「ピュアで鈍くてちょっと陰キャっぽいおとぎの国の住人、みたいな役がめっちゃハマってる(褒めてる)。それを自然に醸し出せる演技力が凄い」などなど、Amazon Prime Videoにて全話配信中の今作は地上波(テレビ東京)にて放送開始となったことで、弟・順平を演じる杉野さんの演技が評判となっている。

雑誌「anan」で長期連載中の益田ミリの同名人気漫画を、黒木さんとのタッグでドラマ化。社会人1年目の23歳の順平と、7歳年の離れた姉・ちはるの率直でユーモラスな会話劇を中心に物語が展開。「弟よ…」と始まる姉ちゃんの言葉はときどき辛辣ながらも示唆に富み、「あ、わかるわかる」と心に沁みいる(?)名言の宝庫に。黒木さんのレトロ風ファッションも含め、小粋な雑貨やインテリアも人気だ。

両親が不在の間、2人きりの姉弟は思い思いに好きなものを食べながら、好きな本を読み、ときには本腰入れて料理もしながら、その日の仕事や恋愛の進捗状況(愚痴)を言い合うが、杉野さんはスウェットにメガネの完全オフ姿のみならず、小さなちゃぶ台で猫背になって弁当を食べる姿、帰りの坂道を自転車で立ちこぎしてきちゃうご機嫌な姿など、これまで演じてきた中で最も素朴ともいえる順平役を豊かな表情によってナチュラルに演じている。

「実は、『僕の姉ちゃん』は他の作品と並行しての撮影で、さらにクランクアップの翌々日から舞台の稽古開始という撮影スケジュールでした。それを知っていたので『さあ、ここから始まる数ヶ月は自分にとって厳しい戦いになるぞ』と思い、『よしっ!』と丹田に、自分自身に力を込めた感覚を覚えています」と杉野さんはコメントしており、気合いを入れて“力の抜けた”演技を見せている。


第3話あらすじ


メーカーに勤める新入社員、白井順平はある時、同期たちと出世についての話をする。気になる同僚・美穂子(久保田紗友)は、スマートで要領の良い吉岡(若林拓也)がすぐに出世しそうだと語る。その夜、雨に降られてずぶ濡れで帰宅した順平が、ちはるに「出世する人はどういう人か」と尋ねると、「雨に濡れないような人じゃないの」と答えが返ってきた――。


“佐奈”永野芽郁との関係も気になる「ユニコーンに乗って」


数多くのヒットドラマを生み出し、自分らしさや人生を模索する働く女性たちを描いてきたTBS火曜ドラマ枠。現在放送中の「ユニコーンに乗って」は、教育系スタートアップ企業「ドリームポニー」のCEO・成川佐奈(永野さん)が、杉野さんが演じる共同起業者のCTO(技術責任者)・須崎功や、「ドリームポニー」に入社した元銀行員の小鳥智志(西島さん)らと夢を現実にしていく大人の青春ドラマ。

韓国のIT業界を舞台に人気俳優ペ・スジらが演じる若き起業家たちの奮闘を描いた韓ドラ「スタートアップ:夢の扉」と、アン・ハサウェイ演じる成功した女性起業家がインターンとして入社した人生の先輩から生き方のヒントを得ていく映画『マイ・インターン』(西島さんはロバート・デ・ニーロより随分若いが…)を掛け合わせたようなテイストだ。つまり、主人公の女性CEOの隣で技術面を支えている杉野さんは、日本のナム・ジュヒョクといったところか。

須崎は大手不動産グループのひとり息子だが、佐奈は貧しい中で育ち大学にも通えなかったため、“誰もが平等に学べるアプリ”を実現しようとしており、須崎は彼女に想いを寄せながらも「最高のビジネスパートナー」として互いに切磋琢磨してきた。だが、豊富な社会経験から細やかな気配りを見せる小鳥の出現によって状況は一変。佐奈と小鳥のやりとりを一喜一憂しながら見守ることになり、ビジコンで最優秀賞を獲得した直後、佐奈といつものハイタッチではなくハグをしたことで、STOPをかけてきた想いがついに溢れてしまう。

だが、「ドリームポニー」で社内恋愛は禁止だ。2人の関係はこれからどう動いていくのか。また、須崎自身も小鳥の計らいによって父子関係を修復することができ、大きく影響を受けている。すでに視聴者からは当て馬ならぬ“当てポニー”などと呼ばれてしまっているが、須崎功こそ佐奈を夢の場所へと連れていく“ユニコーン”となるのか、期待を集めている。


第6話あらすじ


ビジコンで優勝し、勢い余って佐奈に「好きだ」と打ち明けてしまった須崎。早智(広末涼子)から3億円の融資も決定し、勢いに乗るドリポニと対照的に、佐奈と須崎の間には溝ができてしまう。さらに、須崎は「ゲームアカデミア」のCEO・永瀬(松尾貴史)から引き抜きの話を持ちかけられ…。

そんな中、佐奈に更なるトラブルが! 母・美佳子(奥貫薫)が失業してしまったのだ…。女手一つで育ててくれた母をどうにか助けたい佐奈と、母としてのプライドから娘のサポートは受けないと意地になる美佳子。思いがぶつかり合い、佐奈は母との関係までギクシャク。そんな佐奈のために、小鳥は、ある作戦を決行することに。


話題作に次々抜擢され、年を重ねるごとに成長


1995年9月18日生まれ、千葉県出身。2015年、第12回「FINEBOYS専属モデルオーディション」グランプリを獲得して芸能界入り、「FINEBOYS」では2019年12月号まで専属モデルを務めた。映画デビューは2017年公開『キセキ -あの日のソビト-』で、菅田将暉、横浜流星、成田凌と「GReeeeN」をモデルにしたメンバーに抜擢。2016年10月期の「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」にもレギュラー出演した。

「花にけだもの」/photo:Tatsunori Iwama

“けだもの男子”として話題を呼んだdTV×FOD共同製作ドラマ「花にけだもの」(2017、2019)や、芸能界を舞台に吉沢亮&新木優子と共演した『あのこの、トリコ。』、バスケ部四天王の一角を担った『春待つ僕ら』(いずれも2018)、上白石萌音&横浜さんと三角関係を演じた『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(2019)など、大人気漫画を実写化したいわゆる“胸キュン青春ラブストーリー”でメインキャストに起用され、人気を地固め。

『あのコの、トリコ。』(2018)にもバスケシーンが

そんな中、深夜ドラマ「スカム」(2019)で連続ドラマ初主演を果たし、私立大を出たものの新卒切りでリストラされ、さらに父の難病も発覚して振り込め詐欺に手を染めていく主人公・草野誠実(まこと)を演じた。はじめはお金のためにやむを得ず…というスタンスだった誠実が、やがて「俺の心は1ミリも痛まない」と言い放つまでになり、顔つきまで激変してしまう様を熱演。福原遥とW主演した『羊とオオカミの恋と殺人』(2019)の“黒須くん”とともに演技の幅を広げた。

『羊とオオカミの恋と殺人』(2019)

2021年には、正月放送「教場ll」にて真面目で実直な性格の元剣道国体選手・比嘉太偉智役に。「直ちゃんは小学三年生」ではランドセルを背負った短パンの小学生・早川直人として、「ユニコーンに乗って」のドリポニ仲間である前原滉と共演。続いて、ホラーが大の苦手な“俳優・杉野遥亮”役でコメディーホラー「東京怪奇酒」に主演し、『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』にも本人役で参加するなど、引っ張りだことなった。

初舞台作品 Bunkamuraシアターコクーン「夜への長い旅路」

“どうあるのがいいんだろう”、“どこにどうやって向かっていくんだろう”ってずっと模索しながら、毎日目の前のことに一生懸命向かっていた感じがしていて。しんどかったといえばしんどかった」と明かし「どうやったら目の前のことを楽しめるようになるかなって、常に模索していった1年」とシネマカフェインタビューでふり返っていたのも、この時期だろう。それぐらい、いま杉野さんは日本エンタメのド真ん中に立っているのだ。


映画『春待つ僕ら』(2018)


『春待つ僕ら』/photo:Masashi Kuroha

お調子者だが実は熱血漢という多田竜二は、バスケ四天王のうちの1人。杉野さん自身のバスケ経験が存分に生かされ、北村匠海、磯村勇斗らと息を合わせた躍動感あるバスケシーンは必見。また、バイト先のナナセ(泉里香)にひと目ぼれする、という展開もあった。監督とのやりとりの中では学びもあったようで、「信じることを学びました。『春待つ僕ら』の現場で学んだことは、ほかの現場でも生かされたりしています。改めて自分の中でリセットされた何かがあった作品」とシネマカフェによるキャストインタビューで語ったことも。

なお、主人公・美月(土屋太鳳)の親友で、四天王オタであるレイナ(佐生雪)の言動には共感必至だ。


ドラマ「妻、小学生になる。」(2021)


10年前に亡くなり、生まれ変わって小学生になった妻と再会した夫とその娘が、徐々に生きる喜びを取り戻していく異色のホームドラマ。杉野さんは、ホームページ制作会社に就職して必死に頑張っている娘・新島麻衣(蒔田彩珠)が出会う取引先・愛川工務店の息子、蓮司を演じた。ざっくばらんな口調の役柄も珍しく、告白シーンやプロポーズのシーンが話題に。

代役キャストに決まった際、「台本を読んでいると、涙ぐんじゃうんですよ。いままでにはない夫婦・親子の関係性ですが、とても温かく、しっかりと軸のあるお話に共感ができるし、僕は好きだと思いました」とコメントを寄せていた。


ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(2021)


「スカム」のエリート人生から転落していくパターンとは180度違い、本来はピュアで誠実なのに、それゆえにケンカが解決手段になってしまうというヤンキー・黒川森生を好演。白杖が必要なユキコ(杉咲花)と出会い、彼が初めて気づいていく多くのことには視聴者側もハッとさせられた。ユキコとの恋からレンタルビデオ屋で働くことになり、ユキコの友人たちとも交流が広がるなど、生き方が変わっていく姿にときめいた人も多いはず。


映画『やがて海へと届く』
10月5日Blu-ray&DVD発売


彩瀬まるの同名小説を主演・岸井ゆきの、共演・浜辺美波で、国内外で注目される中川龍太郎が映画化。主人公・真奈(岸井さん)の親友で、ひとり旅に出たまま行方不明になってしまうすみれ(浜辺さん)のかつての恋人で、彼女が大切にしていたビデオカメラを真奈に託す遠野敦を演じた。

敦というキャラクターは、すみれのことを実は理解しておらず、真奈との関係も微妙。「わかったようなふりをして弱いところがある」と感じていたという。「ふたり(真奈とすみれ)の関係値をふたりで探している感じに、僕はとても共感をする」とインタビューで語っている。


やがて海へと届く[Blu-Ray]
¥4,917
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)



映画『バイオレンスアクション』8月19日公開


専門学校に通いながら指名制の殺し屋という“バイト”をするケイ(橋本環奈)が、バスの中で出会うビジネスマン風の青年テラノ。ある日、巨大なヤクザ組織を仕切る三代目組長から会計士を仕留めるよう依頼を受けるが、そのターゲットこそテラノだった! 

前髪を上げ、スーツ姿で決めたインテリヤクザな杉野さんに期待値は上がるばかり。ここでも「自分が共感できる考え方や価値観がテラノにあったように感じた」と、役柄に共感したことを明かしている。


初の大河ドラマ「どうする家康」2023年放送


現在放送中の「鎌倉殿の13人」に続く第62作「どうする家康」は松本潤が主演、『ALWAYS 三丁目の夕日』「リーガル・ハイ」「コンフィデンスマンJP」などで知られるヒットメーカー、脚本家・古沢良太が徳川家康の生涯を新たな視点で描く。

松本さん扮する家康が直面する数々の困難と向き合い、共に“どうする?”と考える<チーム家康>の1人で、家康にその才能を見いだされる、マイペースでちょっとひねくれたクールな貴公子・榊原康政役となる。待望ともいえる大河ドラマ初出演、松本さんからも「貴公子なのでキラキラしていただきたい、期待しています!」とエールを贈られており、国民的人気を獲得しそうな予感がしている。


杉野遥亮 ファースト 写真集 『 あくび 』
¥2,530
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
週刊朝日 2022年 7/29 号【表紙:杉野遥亮】 [雑誌]
¥440
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top