マーク・ライランス、今年のオスカーを欠席へ「正直に言うと、すごく退屈だから」

マーク・ライランスが、今年のアカデミー賞授賞式には「出席しない」という。

最新ニュース ゴシップ
マーク・ライランス Photo by Eamonn M. McCormack/Getty Images
  • マーク・ライランス Photo by Eamonn M. McCormack/Getty Images
  • Netflix映画『ドント・ルック・アップ』12月24日(金)より独占配信開始
  • マーク・ライランス Photo by Lia Toby/Getty Images for BFI
  • 『ドント・ルック・アップ』12月24日独占配信
  • マーク・ライランス/第88回アカデミー賞 Photo by Christopher Polk/Getty Images

マーク・ライランスが、今年のアカデミー賞授賞式には「出席しない」という。今年のアカデミー賞に自身はノミネートされていないものの、メインキャストの一人で大金持ちのピーター・イッシャーウェルを演じた『ドント・ルック・アップ』が、作品賞など4部門の候補となっている。

また、マークは2015年に公開された『ブリッジ・オブ・スパイ』で助演男優賞を受賞しているアカデミー賞俳優の一人だ。

マークは、「RadioTimes」誌に、「賞というのは、最高に素晴らしいものやすごく刺激を与えるもの(映画)の重要な印になるとは思わないんです。祝福してもらえるのはいいことだとは思いますが」と賞レースにあまり意味を見出していないことを示唆。

「今年は行かないですね。正直に言うと、オスカーって本当にすごく退屈ですから」と語った。

そんなわけで、自身が獲得したオスカー像にもあまり興味がないようだ。「そういうものに関して、これ見よがしにするのは好きじゃないので、(オスカー像は)長いこと箱に入ったままでした。いまは棚の中にあるんじゃないかな」と、目立つように飾るようなことはしていないと明かした。

第94回アカデミー賞授賞式は3月27日(現地時間)に開催される。

《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top