第94回アカデミー賞ノミネート発表!ベネディクト・カンバーバッチ主演『パワー・オブ・ザ・ドッグ』が最多

3月28日(日本時間)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催される第92回アカデミー賞。

映画 洋画ニュース
Netflix映画『パワー・オブ・ザ・ドッグ』独占配信中
  • Netflix映画『パワー・オブ・ザ・ドッグ』独占配信中
  • 『スペンサー』(C)Pablo Larrain
  • Netflix映画『パワー・オブ・ザ・ドッグ』12月1日(水)より独占配信開始
  • Netflix映画『パワー・オブ・ザ・ドッグ』12月1日(水)より独占配信開始
  • 『ベルファスト』 (C)2021 Focus Features, LLC.
  • 『ベルファスト』 (C)2021 Focus Features, LLC.
  • 『ウエスト・サイド・ストーリー』(C)2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.
  • 『ドリームプラン』(C) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

3月28日(日本時間)に米ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催される第94回アカデミー賞のノミネート作品が公式YouTubeにて発表された。

前哨戦となる各映画賞で好評を得ているNetflix映画『パワー・オブ・ザ・ドッグ』は作品賞、監督賞、主演男優/女優賞、そして助演男優賞には2人を送りだし最多11部門12ノミネートを達成。

『パワー・オブ・ザ・ドッグ』

『DUNE/デューン 砂の惑星』は作品賞、脚色賞ほか技術系部門を席巻し10部門ノミネート。トロント国際映画祭で観客賞を受賞している『ベルファスト』、スティーヴン・スピルバーグ監督初のミュージカル映画『ウエスト・サイド・ストリー』がそれぞれ7部門で続いた。

『ベルファスト』

クリステン・スチュワートがダイアナ元妃を演じた『スペンサー』にてアカデミー賞に初ノミネート。ヴェネチア国際映画祭で女優賞を獲得したペドロ・アルモドバル監督Madres Paralelas(原題)のペネロペ・クルスは、『それでも恋するバルセロナ』以来13年ぶりのノミネートとなった。

『スペンサー』

■第94回アカデミー賞のノミネート 一覧


■作品賞

『ベルファスト』
『コーダ あいのうた』
『ドント・ルック・アップ』
『ドライブ・マイ・カー』
『DUNE/デューン 砂の惑星』
『ドリームプラン』
『リコリス・ピザ』
『ナイトメア・アリー』
『パワー・オブ・ザ・ドッグ』
『ウエスト・サイド・ストーリー』

■監督賞

ケネス・ブラナー『ベルファスト』
濱口竜介『ドライブ・マイ・カー』
ポール・トーマス・アンダーソン『リコリス・ピザ』
ジェーン・カンピオン『パワー・オブ・ザ・ドッグ』
スティーヴン・スピルバーグ『ウエスト・サイド・ストーリー』

■主演女優賞

ジェシカ・チャステイン『タミー・フェイの瞳』
オリヴィア・コールマン 『ロスト・ドーター』
ペネロペ・クルス『Madres Paralelas』(原題)
ニコール・キッドマン 『愛すべき夫妻の秘密』
クリステン・スチュワート『スペンサー』

■主演男優賞

ハビエル・バルデム 『愛すべき夫妻の秘密』
ベネディクト・カンバーバッチ 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』
アンドリュー・ガーフィールド 『tick, tick... Boom! チック、チック…ブーン!』
ウィル・スミス 『ドリームプラン』
デンゼル・ワシントン『マクベス』

■助演女優賞

ジェシー・バックリー『ロスト・ドーター』
アリアナ・デボーズ 『ウエスト・サイド・ストーリー』
ジュディ・デンチ『ベルファスト』
キルスティン・ダンスト 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』
アーンジャニュー・エリス 『ドリームプラン』

■助演男優賞

キアラン・ハインズ『ベルファスト』
トロイ・コッツァー『コーダ あいのうた』
ジェシー・プレモンス『パワー・オブ・ザ・ドック』
J・K・シモンズ『愛すべき夫妻の秘密』
コディ・スミット=マクフィー『パワー・オブ・ザ・ドッグ』

■オリジナル脚本賞

『ベルファスト』
『ドント・ルック・アップ』
『ドリームプラン』
『リコリス・ピザ』
『The Worst Person in the World』(英題)

■脚色賞

『コーダ あいのうた』
『ドライブ・マイ・カー』
『DUNE/デューン 砂の惑星』
『ロスト・ドーター』
『パワー・オブ・ザ・ドッグ』

■国際長編映画賞

『ドライブ・マイ・カー』(日本)
『Flee』(デンマーク)
『Hand of God -神の手が触れた日-』(イタリア)
『ブータン 山の教室』(ブータン)
『The Worst Person in the World』(ノルウェー)

■長編アニメーション映画賞

『ミラベルと魔法だらけの家』
『Flee』(英題)
『あの夏のルカ』
『ミッチェル家とマシンの反乱』
『ラーヤと龍の王国』

■作曲賞

『ドント・ルック・アップ』
『DUNE/デューン 砂の惑星』
『ミラベルと魔法だらけの家』
『Parallel Mothers』
『パワー・オブ・ザ・ドック』

■歌曲賞

「Be Alive」『ドリーンプラン』
「Dos Oruguitas」『ミラベルと魔法だらけの家』
「Down to Joy」『ベルファスト』
「No Time to Die」『007/ノータイム・トゥ・ダイ』
「Somehow You Do」『Four Good Days』

■撮影賞

『DUNE/デューン 砂の惑星』
『ナイトメア・アリー』
『パワー・オブ・ザ・ドック』
『マクベス』
『ウエスト・サイド・ストーリー』

■編集賞

『ドント・ルック・アップ』
『DUNE/デューン 砂の惑星』
『ドリームプラン』
『パワー・オブ・ザ・ドック』
『tick, tick... Boom! チック、チック…ブーン!』

■美術賞

『DUNE/デューン 砂の惑星』
『ナイトメア・アリー』
『パワー・オブ・ザ・ドック』
『マクベス』
『ウエスト・サイド・ストーリー』

■衣装デザイン賞

『クルエラ』
『シラノ』
『DUNE/デューン 砂の惑星』
『ナイトメア・アリー』
『ウエスト・サイド・ストーリー』

■メイクアップ&ヘアスタイリング賞

『星の王子ニューヨークへ行く2』
『クルエラ』
『DUNE/デューン 砂の惑星』
『タミー・フェイの瞳』
『ハウス・オブ・グッチ』

■音響賞

『ベルファスト』
『DUNE/デューン 砂の惑星』
『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
『パワー・オブ・ドッグ』
『ウエスト・サイド・ストーリー』

■視覚効果賞

『DUNE/デューン 砂の惑星』
『フリーガイ』
『007/ノータイム・トゥ・ダイ』
『シャン・チー テン・リングスの伝説』
『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

■長編ドキュメンタリー賞

『Ascension』
『Attica』
『Flee』
『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』
『燃え上がる記者たち』

■短編ドキュメンタリー賞

『オーディブル:鼓動を響かせて』
『私の帰る場所』
『The Queen of Basketball』
『ベナジルに捧げる3つの歌』
『When We Were Bullies』

■短編アニメーション映画賞

『Affairs of the Art』
『Bestia』
『ボクシングバレー』
『ことりのロビン』
『The Windshield Wiper』

■短編実写賞

『Ala Kachuu-Take and Run』
『The Dress』
『The Long Goodbye』
『On My Mind』
『Please Hold』

「生中継!第94回アカデミー賞授賞式」は日本時間3月28日(月)WOWOWプライム・WOWOWオンデマンドにて放送&配信。

※英語タイトルは原題、もしくは英題。

《上原礼子》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top