歴史を変えた世紀の逆転劇描く『オフィサー・アンド・スパイ』6月公開

『戦場のピアニスト』のロマン・ポランスキー監督最新作『An Officer and a Spy』(英題)が邦題『オフィサー・アンド・スパイ』として6月3日(金)より公開されることが決定し、特報とビジュアルが解禁となった。

映画 洋画ニュース

『戦場のピアニスト』のロマン・ポランスキー監督最新作『An Officer and a Spy』(英題)が邦題『オフィサー・アンド・スパイ』として6月3日(金)より公開されることが決定し、特報とビジュアルが解禁となった。

本作は、歴史的冤罪事件“ドレフュス事件”を基に、巨大権力と闘った男の不屈の信念と壮絶な逆転劇を描く歴史サスペンス。第76回ヴェネチア国際映画祭では銀獅子賞(審査員大賞)を受賞。様々な議論を巻き起こしたフランスでは、第45回セザール賞で3部門(監督、脚色、衣装)を受賞し、No.1大ヒットを記録した。

反ユダヤ感情が高まる19世紀末のフランス。ドイツに機密を漏洩したスパイ容疑で終身刑となったユダヤ人大尉ドレフュス。彼の無実を示す衝撃の証拠を発見した対敵情報活動を率いるピカール中佐が、スキャンダルを恐れ証拠の捏造や文書の改竄などあらゆる手で隠蔽をもくろむ国家権力に抗いながら真実と正義を追い求める姿を描く。

アカデミー賞監督賞受賞『戦場のピアニスト』ロマン・ポランスキーが監督を務め、出演は『アーティスト』のオスカー俳優ジャン・デュジャルダン、『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』のルイ・ガレルほか、フランスを代表するキャストが集結した。

当時のフランスに国家の土台を揺るがす深刻な分断をもたらし、世界を震撼させたこの事件。監督は、いわれなき罪を着せられたドレフュスと、彼を救い世に真実を知らしめようとする主人公ピカールの壮絶な運命を描出し、心揺さぶるストーリーを作り上げた。圧倒的なまでにサスペンスフルな展開は、衣装や美術などのあらゆる細部を突きつめた重厚なビジュアルと相まって、ひとときも目が離せない。

また、日本での公開にあたり、フランス現代史を専門とし、反ユダヤ主義関連の研究でも知られる思想家の内田樹氏が字幕監修を担当している。

このたび解禁された特報では、スパイの罪を着せられたドレフュスと、組織の中で逆境に立たされながらも、真実と正義のために自らの信念を貫くピカールの熱い逆転劇を予感させる内容となっている。

あわせて到着したビジュアルでは威圧的に整然と居並ぶ軍人たちの前で向き合うドレフュスとピカールの姿が。2人の間に添えられた「私は告発する」というコピーは、映画にも登場する世界的な作家エミール・ゾラがドレフュスの無実を訴え、当時の大統領に宛てた歴史的な公開告発状から取られており、フランスではこの言葉がタイトルとして採用されている。

『オフィサー・アンド・スパイ』は6月3日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top