【ネタバレあり】坂口健太郎“和人”の強い思いに小松菜奈“茉莉”が出した答えとは…『余命10年』本編映像

小松菜奈、坂口健太郎のW主演『余命10年』から【映画鑑賞後の視聴推奨!】の本編映像が解禁

映画 邦画ニュース
『余命10年』(C)2022映画「余命10年」製作委員会
  • 『余命10年』(C)2022映画「余命10年」製作委員会
  • 『余命10年』(C)2022映画「余命10年」製作委員会
  • 『余命10年』(C)2022映画「余命10年」製作委員会
  • 『余命10年』(C)2022映画「余命10年」製作委員会
  • 『余命10年』(C)2022映画「余命10年」製作委員会
  • 『余命10年』(C)2022映画「余命10年」製作委員会
  • 『余命10年』(C)2022映画「余命10年」製作委員会
  • 『余命10年』(C)2022映画「余命10年」製作委員会

ベストセラー原作を小松菜奈、坂口健太郎のW主演、監督・藤井道人、音楽・「RADWIMPS」で映画化した『余命10年』。公開から4週目を迎え、累計動員数は160万人を突破、興行収入は20億円を記録する大ヒットとなり、SNSでは「この作品は映画を楽しむっていうより人の人生に触れる感じ」「毎年桜を見るとこの映画を思い出すんだろうな」と連日感動の声が届いており、「初見じゃないのに嗚咽するくらい泣いた」と複数回リピートする鑑賞者も現れている。

そんな本作から、【映画鑑賞後の視聴推奨!】茉莉(小松菜奈)と和人(坂口健太郎)の抑えられない気持ちが1つになる、“二人の決断”を収めた本編映像が解禁された。


>>『余命10年』あらすじ&キャストはこちらから


20歳で難病となり、もう恋はしないと心に決めた茉莉と、生きることに迷い、自分の居場所を見失った和人。惹かれ合いながらも距離をとり、別々の道を進んでいた2人だったが、和人が募る想いを茉莉にぶつけることでお互いの気持ちに正直に生きていくことを決断する姿を描いた本映像。本作において、重要かつ観客の感情を大きく揺さぶるシーンとなっている。

「つまらない人生かもしれないけど隣には茉莉ちゃんがいる。死にたいって思っていた俺に生きたいって思わせてくれた茉莉ちゃんのために俺は生きる」と茉莉と共に歩む未来を夢だと伝える和人。さらに「一緒にいて下さい」とありったけの想いを言葉にする。限りある命だからと和人への好きという気持ちを抑え、心を閉ざしていた茉莉は、その言葉にこれまで堪えてきた想いが涙となって溢れ出し、幸せを噛み締めるように和人に抱きつく。茉莉は「同窓会なんて行くんじゃなかった」とつぶやくが、その言葉とは裏腹に2人は幸せそうに微笑む。

2人がようやく共に生きていく未来を選んだ瞬間を切り取った1シーンとなっている。

『余命10年』は全国にて公開中。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top