マッツ・ミケルセン、『インディ・ジョーンズ』最新作は「1、2作目に立ち返った雰囲気」

マッツ・ミケルセンが出演する『インディ・ジョーンズ』第5弾について、同シリーズ初期の雰囲気に立ち返っていると「The Hollywood Reporter」に語った。

最新ニュース ゴシップ
マッツ・ミケルセン Photo by Stuart C. Wilson/Getty Images
  • マッツ・ミケルセン Photo by Stuart C. Wilson/Getty Images
  • マッツ・ミケルセン (Photo by Nicky J Sims/Getty Images for Warner Bros.
  • マッツ・ミケルセン Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images for Chopard
  • マッツ・ミケルセン Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images)

マッツ・ミケルセンが出演する『インディ・ジョーンズ』の5作目(タイトル未定)について、同シリーズ初期の雰囲気に立ち返っていると「The Hollywood Reporter」に語った。

「『レイダース/失われたアーク≪聖櫃≫』は大好きな映画の一つで、1940年代の黄金時代の魅力があふれ出ている。今回も同じです。1作目、2作目に立ち返り、オリジナルの雰囲気、オリジナルのインディ、濃くて壮大なものを取り入れています」という。

主役のハリソン・フォードとは初共演だ。「彼とは初めて会いましたが、とんでもなくパワフルな人ですよ。俳優としてだけではなく、肉体的に(パワフル)です。一緒に撮影をした初日のことを覚えています。夜に行われた撮影で、朝5時に終わりました。それからハリソンはマウンテンバイクに乗って、50キロのサイクリングに行ったんです。彼は人間のモンスターです。とても良いモンスターね」と79歳のハリソンのタフさを明かした。

『インディ・ジョーンズ』第5弾は撮影の遅れや何度もの公開日の延期を経て、現在は2023年6月に公開予定とされている。前4作のメガホンを取ったスティーヴン・スピルバーグは製作総指揮として参加。監督はジェームズ・マンゴールド(『グレイテスト・ショーマン』)が務めている。マッツによると、「まるでスピルバーグ監督作のように感じます。ジェームズが彼のヴィジョンを持って作っているというのは明らかです」とのこと。

《Hiromi Kaku》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top