仏版『シティーハンター』チームが放つヒーロー映画!?『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』映像初公開

フランス版『シティーハンター』のチームがアッセンブルした新作アクション・コメディ『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』が7月15日(金)より公開。本作の特報映像と場面写真が解禁された。

映画 洋画ニュース
『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』 (C)CINEFRANCE STUDIOS - BAF PROD - STUDIOCANAL - TF1 STUDIO - TF1 FILMS PRODUCTION (C)STUDIOCANAL (C)Julien Pan
  • 『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』 (C)CINEFRANCE STUDIOS - BAF PROD - STUDIOCANAL - TF1 STUDIO - TF1 FILMS PRODUCTION (C)STUDIOCANAL (C)Julien Pan
  • 『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』 (C)CINEFRANCE STUDIOS - BAF PROD - STUDIOCANAL - TF1 STUDIO - TF1 FILMS PRODUCTION (C)STUDIOCANAL (C)Julien Pan
  • 『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』 (C)CINEFRANCE STUDIOS - BAF PROD - STUDIOCANAL - TF1 STUDIO - TF1 FILMS PRODUCTION (C)STUDIOCANAL (C)Julien Pan
  • 『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』 (C)CINEFRANCE STUDIOS - BAF PROD - STUDIOCANAL - TF1 STUDIO - TF1 FILMS PRODUCTION (C)STUDIOCANAL (C)Julien Pan
  • 『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』 (C)CINEFRANCE STUDIOS - BAF PROD - STUDIOCANAL - TF1 STUDIO - TF1 FILMS PRODUCTION (C)STUDIOCANAL (C)Julien Pan
  • 『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』ポスター (C)CINEFRANCE STUDIOS - BAF PROD - STUDIOCANAL - TF1 STUDIO - TF1 FILMS PRODUCTION (C)STUDIOCANAL (C)Julien Pan

フランス版『シティーハンター』のチームがアッセンブルした新作アクション・コメディ『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』が7月15日(金)より公開。本作の特報映像と場面写真が解禁された。

役者のセドリックがやっと掴んだスターへの切符、それは新作ヒーロー映画『バッドマン』の主役。しかし、撮影途中に事故に遭い記憶を失ってしまう。なぜ、自分はこんなスーツを着てこんな車に乗っている? そうか、オレはスーパーヒーローだったのか! 記憶を失くした売れない役者が勘違いしたままヒーローとして覚醒する――。


『シティーハンター』を経て、アクション・エンタメのその先へ


日本の大人気漫画「シティーハンター」をフランスで実写化し、日本・フランスで見事大ヒットを記録した『シティーハンターTHE MOVIE史上最香のミッション』のチームが再び集結。監督・主演は、『シティーハンター』同様フィリップ・ラショー。脇を固めるのは、タレク・ブダリジュリアン・アルッティ、そしてエロディ・フォンタンのお馴染みの面々に加え、セザール賞俳優ジャン=ユーグ・アングラードも出演。

そして、あのインポッシブルな超大物ハリウッド俳優までカメオ出演? ハリウッドのアメコミヒーロー作品をリスペクトし、数々の名場面に笑いを加えフィリップ・ラショー流エンタメに作り上げた本作。コロナ禍のフランスで公開され、人々に勇気と笑顔を届け見事にNo.1大ヒットを記録した。

この度解禁された特報映像では、本家さながらにアクロバティックな動きとともにヒーローが敵と戦うシーンから始まる。しかし、それは映画の撮影で、さらに『バットマン』ではなく『バッドマン』という作品。ようやくスターになる切符を手にしたセドリックだったが、事故に遭い記憶を失ってしまう。気がついたとき、自ら纏う衣装と乗っていた車から本物のヒーローだと勘違いして…。

という内容ながら、本格的なヒーロー映画への期待感も高まる特報映像になっている。併せて、見覚えのある様々なヒーロー映画を彷彿とさせる場面写真が解禁されている。

『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』は7月15日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン 池袋ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top