【ご招待】ドリカム全面協力で歌詩をドラマ化!「空を読む」シネマカフェ独占試写会に50名様

【応募〆切り:6月21日(火)23:59】

プレゼント イベント
「5つの歌詩(うた)」#1「空を読む」 (C)2022 東北新社
  • 「5つの歌詩(うた)」#1「空を読む」 (C)2022 東北新社
  • 「5つの歌詩(うた)」
  • 「5つの歌詩(うた)」#1「空を読む」 (C)2022 東北新社
  • 「5つの歌詩(うた)」#1「空を読む」 (C)2022 東北新社
  • 「5つの歌詩(うた)」#1「空を読む」 (C)2022 東北新社

【応募〆切り:6月21日(火)23:59】

※ペア招待ではございません。ご当選者様1名様のみのご招待となります。

※鑑賞後にはSNSにて必ずご感想やレビューを投稿下さいますようお願いします。

【試写開催日時】

日時:6月29日(水)18:00開場/18:30開映

場所:京橋テアトル(東京都中央区京橋1-6-13 Vort京橋II B1)

レビュー投稿期限:6月30日(木)23:59

BS放送と配信サービスを手掛ける「スターチャンネル」が、初の取り組みとしてオリジナルドラマプロジェクトを始動。本企画のトップを飾るのは、「DREAMS COME TRUE」。吉田美和が生み出す歌詩は、時に私たちの背中を押してくれたり、励ましてくれたり、慰めてくれたりと、私たちに「生きるチカラ」を与えてくれる。

今回ドラマ化される「何度でも」「マスカラまつげ」「空を読む」「TRUE,BABY TRUE.」の4曲と、このドラマ企画のために書き下ろされた「新曲」の計5曲は、身近にいる家族、恋人、友人、大事な人など、それぞれの「あなた」という存在を思い浮かべる物語となる。

詩の世界を独自の解釈でドラマへと昇華させるのは、リピーターが続出し、大ヒット上映中の映画『余命10年』の脚本を手掛けた岡田惠和と、彼をはじめとするスタッフ陣。

本作の配信に先がけて、「5つの歌詩(うた)」より#1「空を読む」を上映するシネマカフェ独占試写会に50名様をご招待!



あらすじ

歩実(貫地谷しほり)と泰輔(三浦貴大)が出会ったのは同じインテリアデザイン会社で働いていた13年前。結婚を機に一級建築士だった泰輔は独立するが、仕事人間で無趣味の泰輔との日々はお互いのことを知り過ぎてしまっているせいか、マンネリ気味で交わす言葉も少ない。ある日、歩実が若手デザイナーと打ち合わせの際に、ふとめくった雑誌の写真に目がとまる。そこには、やはり13年前にお互い好意を抱きながらも別れた元カレのカメラマン風見光太(渡辺大知)の名前があった…。


【注意事項】
※いかなる理由がございましても、開映後・満席の際の入場は固くお断りいたします。
※場内でのご飲食を固く禁止致します。
※試写会当日、会場内入口にて手指の消毒・検温をお願いしております。時間に余裕を持ってご来場ください。
※体温が37.5度以上の場合は、誠に申し訳ございませんがご入場をお断りさせていただきます。
※ご来場の際は、必ずマスクの着用と検温をお願い致します。移動中、入館時もマスクの着用をお願いいたします。
※発熱・咳などの症状がある場合は、ご来場をお控えください。
※新型コロナウィルス感染症の感染拡大状況により、急遽中止とさせて頂く場合がございます。
※試写会当日を含む2週間以内に参加者とその同居者に発熱や咳等の症状がある場合は試写会のご参加をお断りさせていただきます。
※試写会場で行われる検温・検査等で入場をお断りさせていただくことがございます。


【応募〆切り:6月21日(火)23:59】

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top