弟のような存在から変化…“風緒”本田響矢との手繋ぎに反響多数「ANIMALS」第5話

「ANIMALS‐アニマルズ‐」の第5話が放送。鈴木愛理演じる主人公・海をデートに誘う年上社長・白洲迅の恋愛下手な姿、年下カメラマン・本田響矢が大胆に手繋ぎする様子に注目が集まっている。

最新ニュース スクープ
「ANIMALS‐アニマルズ‐」5話(C)AbemaTV, Inc.
  • 「ANIMALS‐アニマルズ‐」5話(C)AbemaTV, Inc.
  • 「ANIMALS‐アニマルズ‐」5話(C)AbemaTV, Inc.
  • 「ANIMALS‐アニマルズ‐」5話(C)AbemaTV, Inc.
  • 「ANIMALS‐アニマルズ‐」5話(C)AbemaTV, Inc.
  • 「ANIMALS‐アニマルズ‐」5話(C)AbemaTV, Inc.
  • 「ANIMALS‐アニマルズ‐」5話(C)AbemaTV, Inc.
  • 「ANIMALS‐アニマルズ‐」5話(C)AbemaTV, Inc.
  • 「ANIMALS‐アニマルズ‐」5話(C)AbemaTV, Inc.

鈴木愛理を主演に迎えた「ANIMALS‐アニマルズ‐」の第5話が放送。鈴木さん演じる主人公・海を慌てながらデートに誘う年上社長・圭祐の恋愛下手な姿、年下カメラマン・風緒が大胆に手繋ぎする様子に注目が集まる一方、ズタボロADから“期待の新人”となった海の成長の姿に「頼もしくなって胸がいっぱい」といった反響も寄せられている。

本作は、恋も夢も忘れ、ブラック企業で懸命に働く“幸せ迷子のズタボロ女子”の主人公が、最高の自分に生まれ変わろうとする、大逆転ラブストーリー。

妹の凪(星乃夢奈)に好きな人ができたと知り、慌てふためく鹿森海(鈴木愛理)。デートを成功させるために「無敵のコーディネート」をしたいと凪から相談を受け、頭を悩ませる海が助っ人として呼び出したのは、長嶺風緒(本田響矢)。

一方、風見雛(村上愛花)からの告白を受け、榊圭祐(白洲迅)は自分の想いに気づいていく。凪のデートを見送った2人きりの帰り道、風緒が取った大胆な行動で、海と風緒は急接近することに…。

全くの異業種から「ANIMAL BEAUTY」に飛び込んだ海は、持ち前の根性と行動力、そして周りを想う力で次々とプロジェクトを成功に導き、会社の主戦力へと成長。年下社員で海のメンターの谷口ゆか(小西桜子)からも「尊敬しています」と頼りにされるようになっていた。

第4話の最後に、モデルの雛が「ANIMAL BEAUTY」の社長である圭祐に突然キス。動揺する圭祐だったが、雛は「もっと自分勝手になりな?」と切り出すと、「自分が何をして楽しいって思うのか、どこに行って何を食べたいのか、誰と一緒にいたいのか」と言い放つ。

圧倒された圭祐は雛の言葉で、常に真っすぐで全力投球な海に、いつの間にか好意を持ち始めたことを自覚する…。

20代を仕事に捧げてきた圭祐は、久しぶりの恋心に戸惑いを隠せず「どうしたらいい!? まず何から着手したらいい!?」と右腕の醍醐悟(猪塚健太)に相談。「まずはデートに誘うこと。脈がなかったら引くこと」とアドバイスを受け、取材と称して海を食事に誘う。

仕事では敏腕な圭祐が久しぶりの恋心に慌てふためく不器用な様子と、恋の進展を期待させる場面に、視聴者からは「社長、可愛すぎるって」「ピュアすぎる」「ドギマギ感にキュン」と反響が寄せられることに。

一方、海の妹で現役女子高生の凪は、片思い中のバイト先の先輩とのデートのための変身コーディネートを、海とカメラマンの風緒に依頼。「ANIMAL BEAUTY」メンバーの助けもあり、“最高の自分”でデートに臨むことができた。

凪のデート成功の祝杯を挙げるため、風緒行きつけのラーメン店で食事を楽しむ海と凪。海は嬉しさのあまり飲みすぎて酔っ払い、そこに風緒が駆けつけると、凪から圭祐とのデートについて聞かされ、風緒に衝撃が走る。

先に帰宅した凪の代わりに、酔っ払いの海を送る風緒はよろけた海を支え、2人は思いがけず急接近。そのまま風緒は「危ないから」と海の手を繋ぎ、海も動揺の顔色を見せる…。

これまで、海が“弟”としてしか意識してこなかった風緒の思いがけない行動に、視聴者からも「胸キュンしすぎて叫んでしまった」「ときめきが止まらない」「風緒、よく頑張った!!」と反響が寄せられ、2人の男性から想いを寄せられる海の気持ちの行方に注目が寄せられた。

次回、圭祐とレストランでのデートを楽しんだ海の心境に、変化は訪れるのか。さらに、一歩前進する海と圭祐を横目に、海への密かな好意を持つ風緒はこのまま失恋してしまうのか、目が離せない。

「ANIMALS‐アニマルズ‐」は毎週木曜日22時~ABEMAにて配信(全8話)。


ABEMA/Cafeはこちら
26/27 (初回生産限定盤B)
¥6,240
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top