ブラッド・ピット主演、伊坂幸太郎原作『ブレット・トレイン』全米初登場No.1

映画『ブレット・トレイン』が全米オープニングNo.1の大ヒットスタートを切った。

映画 洋画ニュース
『ブレット・トレイン』
  • 『ブレット・トレイン』
  • 『ブレット・トレイン』
  • 『ブレット・トレイン』
  • 『ブレット・トレイン』
  • 『ブレット・トレイン』

9月1日(木)に日本公開されるブラッド・ピット主演映画『ブレット・トレイン』が、8月5日に全米4357館で公開され、週末3日間(8月5日~7日)で興行収入3012万5000ドル(約41億円)と、全米オープニングNo.1の大ヒットスタートを切ったことが分かった(※8/8付Box Office Mojo調べ、1ドル=135円換算、8/8現在)。


>>『ブレット・トレイン』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、伊坂幸太郎の大ベストセラー小説「マリアビートル」を、『デッドプール2』のデヴィッド・リーチ監督がハリウッド映画化したミステリーアクション超大作。ブラッドは、仕事中、いつも事件に巻き込まれ、自分とは無関係な人間の死に遭遇してしまう、世界一不運な殺し屋レディバグを演じている。

また今回、全米以外の海外の累計興行収入は3240万ドル(約44億円)。全米および海外の成績を合計した全世界累計興行収入は6252万5000ドル(約84億円)。全世界累計興行収入でもNo.1オープニングとなったことも分かった。

日本公開まであと1か月を切った本作。日本語吹き替え版には、レディバグを堀内賢雄が担当しているほか、山本舞香(プリンス)、津田健次郎(タンジェリン)、関智一(レモン)、木村昴(ウルフ)、井上和彦(エルダー)、阪口周平(キムラ)、立川三貴(ホワイト・デス)と豪華メンバーが集結している。

『ブレット・トレイン』は9月1日(木)より全国にて公開。


マリアビートル (角川文庫)
¥733
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
デッドプール2 (4枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray]
¥3,491
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top