山下美月&小野花梨らが出演、女子寮舞台のドラマ放送「ほん怖」

「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2022」内で放送されるドラマパート第3弾の内容が明らかになった。

最新ニュース スクープ
土曜プレミアム「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2022」(C)フジテレビ
  • 土曜プレミアム「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2022」(C)フジテレビ
  • 土曜プレミアム「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2022」(C)フジテレビ
  • 土曜プレミアム「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2022」(C)フジテレビ

実際に人々が体験した怖い話をリアルに描くリアルホラーエンターテインメント「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2022」。この度、番組内で放送されるドラマパート第3弾の内容が明らかになった。

ドラマパート第3弾「一言のあやまち」は、ある高校の女子寮を舞台に身の毛もよだつ実録心霊ドラマ。中盤以降の目まぐるしい展開と予想外の結末に、ゾッとすること間違いなし。

主演を務めるのは、「乃木坂46」の山下美月。彼女が演じる荻野愛奈は、親友の橘桃香、遠藤唯と共に、心霊現象が多いことで有名な女子寮で生活を共にしていた。唯と桃香から怪奇現象のうわさを聞く愛奈だったが、入学当初に仲良くなった小山千尋と、ある日を境に口をきかなくなっていたことが気になっていた。

そんなある日、桃香は恋心を寄せるバスケ部のエースに告白するも、あえなく撃沈。愛奈と唯は、桃香のために励ます会を催すことに。会を終え、愛奈が自室に戻ると、部屋の中で何かが頬に当たる感触が。あるときからは「…い…れば…さない」という謎の声まで聞こえるように。心霊現象が次から次へと起こる中、何かが起きるときには、いつも千尋が近くにいたことに気づく…。

山下さんのほかにも、近年、連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」「恋なんて、本気でやってどうするの?」への出演が話題となった小野花梨(橘桃香役)、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演した佐々木ありさ(遠藤唯役)、「non-no」専属モデルの鈴木ゆうか(小山千尋役)といった若手女優が共演する。

「ほん怖」初主演とな山下さんは「いつかは自分も出演したい!とずっと思っていましたので、今回このような機会をいただけてとてもうれしかったです!」と喜び、「初めて台本をいただいて読んだ時、まさかそんな結末なんて…と鳥肌が立ちました。暑い日が続きますので、是非『ほん怖』を見て涼しくなっていただけたらうれしいです!」とコメント。

プロデューサーは「友達への些細(ささい)な一言が、予期せぬ事態を招いてしまう――。『一言のあやまち』は、そんな学校生活で誰しも経験したことのある“後悔”をテーマにしたホラー作品です」と説明し、「学校や女子寮を舞台に起こるおぞましい心霊現象の数々、さらには霊にまつわる高校生たちの会話劇も注目です」と見どころを明かしている。

土曜プレミアム「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2022」は8月20日(土)21時~フジテレビにて放送。


LEE (リー) 2022年9月号 [雑誌]
¥612
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top