A24初の本格ファンタジー『グリーン・ナイト』公開決定!アーサー王の甥描く

『ミッドサマー』や『ライトハウス』などジャンル映画をアートの域まで高めてきた「A24」が贈る初の本格ファンタジー『グリーン・ナイト』日本公開。

映画 洋画ニュース

「指輪物語」のJ・R・R・トールキンが現代英語に翻訳し、広く読まれてきた14世紀の作者不明の叙事詩「サー・ガウェインと緑の騎士」を映画化、『ミッドサマー』や『ライトハウス』などジャンル映画をアートの域まで高めてきた「A24」が贈る初の本格ファンタジー『グリーン・ナイト』(原題:The Green Knight)が11月25日(金)より日本公開されることになった。

アーサー王の甥として、恵まれた環境で怠惰な日々をおくる若者サー・ガウェイン。彼はまだ正式な騎士ではなく人々に語れる英雄譚もない。

クリスマスの日。異様な風貌の緑の騎士から“遊び事(ゲーム)”と称した、恐ろしい首切りゲームを提案される。その日から、呪いと厳しい試練が始まった。気が触れた盗賊、彷徨う巨人、言葉を話すキツネ…生きている者、死んでいる者、そして人間ですらない者たちが次々に現れ、ガウェインの旅路を導いていく――。

「サー・ガウェインと緑の騎士」を、幻想的で奇妙な冒険の旅を通して、自分の内面と向き合っていく若者の成長物語へと大胆に脚色したのは、『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』で大きく注目され、実写版『ピーター・パン&ウェンディ』(原題)も手掛けるデヴィッド・ロウリー

示唆に富んだ斬新で濃度の高い魅惑的な映像と、ファンタジーを舞台装置としてロウリー監督が紡ぐ1人の人間の野望と挫折、愛と欲望の物語は、「魔法にかけられたように美しい」(inews.co.uk)、「歴史に名を残す騎士道物語」(IndieWire)、「唯一無二」(Den of Geek)など世界中の評論家や観客から絶賛を浴びた。

未熟でどこか頼りない主人公ガウェインが未知の世界へと挑んでいく姿を魅力的に演じるのは、『スラムドッグ$ミリオネア』や『LION/ライオン~25年目のただいま~』のデヴ・パテル

『リリーのすべて』で第88回アカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデルが一人二役を演じているほか、ジョエル・エドガートンショーン・ハリスバリー・コーガンなど個性派俳優たちが脇を固める。

この度解禁となった場面写真では、アーサー王の宮殿で儀式をするガウェインの姿と、ゲームから1年経ち彼がついに旅立つ様子を捉え、本作のこだわり抜いた世界観や圧倒的な映像美を期待させるカットとなっている。

また、日本版ポスタービジュアルは、<怪物と戦う者は、みずからも怪物とならぬように心せよ>という哲学者フリードリヒ・ニーチェが「善悪の彼岸」で記した言葉が添えられ、タイトルロールの“緑の騎士”がデヴ・パテル演じるサー・ガウェインを侵食しているような“光と闇”の二面性を表現したものとなっている。

『グリーン・ナイト』は11月25日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。


WAVES/ウェイブス(字幕版)
¥300
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
ムーンライト(字幕版)
¥2,000
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top