シングルマザーと姪っ子のワケあり逃避行!トーマシン・マッケンジー出演『ドライビング・バニー』予告

トーマシン・マッケンジー出演のロードムービー『ドライビング・バニー』より、予告編が解禁された。

映画 洋画ニュース
『ドライビング・バニー』(C)2020 Bunny Productions Ltd
  • 『ドライビング・バニー』(C)2020 Bunny Productions Ltd
  • 『ドライビング・バニー』(C)2020 Bunny Productions Ltd
  • 『ドライビング・バニー』(C)2020 Bunny Productions Ltd
  • 『ドライビング・バニー』(C)2020 Bunny Productions Ltd
  • 『ドライビング・バニー』(C)2020 Bunny Productions Ltd
  • 『ドライビング・バニー』(C)2020 Bunny Productions Ltd
  • 『ドライビング・バニー』(C)2020 Bunny Productions Ltd
  • 『ドライビング・バニー』(C)2020 Bunny Productions Ltd

トーマシン・マッケンジー出演のロードムービー『ドライビング・バニー』より、予告編が解禁された。


>>『ドライビング・バニー』あらすじ&キャストはこちら

本作は、第20回トライベッカ映画祭審査員特別賞ほか世界で賞賛され、米批評サイトのロッテントマトでも100%の高評価を獲得した話題作。シングルマザーの40歳のバニー(エシー・デイヴィス)と、複雑な家庭事情に苦しむ姪のトーニャ(トーマシン・マッケンジー)の2人が一緒に逃避行を始めるロードムービーだ。

この度解禁となった予告編では、子どもに会いたい一心で、家庭支援局で立てこもり事件を起こすまでに突っ走ってしまったバニーのパワフルな姿が、ユーモアを交えてとらえられている。

車の窓拭きをして生活費を稼ぎ、幼い娘の誕生日までには家族で一緒に暮らしたいと奮闘しているバニー。しかし、姪のトーニャが継父に言い寄られている現場を目撃。居候していた妹の家を追い出されたバニーは、複雑な家庭環境に置かれているトーニャとともに逃避行を繰り広げることになるのだった…。

車内で声を張り上げて歌う姿や寄り添って眠る姿など、社会的には弱者である2人が互いを思い合う様子に心温まる予告編となっている。

『ドライビング・バニー』は9月30日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国にて公開。


LEE (リー) 2022年9月号 [雑誌]
¥612
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
Amazonギフト券(商品券タイプ) - ブルー(金額自由設定)
¥500
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top