大ブーム到来「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」の“普通じゃない”優しい世界

「私は自閉スペクトラム症であります」。新人弁護士のウ・ヨンウは初めて立った裁判の冒頭陳述の前に、そう宣言する。

韓流・華流 コラム
Netflixシリーズ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」独占配信中
  • Netflixシリーズ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」独占配信中
  • Netflixシリーズ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」独占配信中
  • Netflixシリーズ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」独占配信中
  • Netflixシリーズ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」独占配信中
  • Netflixシリーズ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」独占配信中
  • Netflixシリーズ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」独占配信中
  • Netflixシリーズ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」独占配信中
  • Netflixシリーズ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」独占配信中

《text:Reiko Uehara》

「私は自閉スペクトラム症であります」。新人弁護士のウ・ヨンウは初めて立った裁判の冒頭陳述の前に、そう宣言する。

そして、「皆さんからすると言動がぎこちないかもしれません。しかし法を愛し、被告人を尊重する心は他の弁護士と変わりません。弁護人として被告人を助け、真実を明かすべく最善を尽くします」と続ける。5歳で刑法をそらんじ、ソウル大のロースクールを首席で卒業した彼女の履歴書の2枚目にも、自閉スペクトラム症である旨が添付されている。

この新人弁護士ウ・ヨンウを主人公にした韓国ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」は本国で右肩上がりの高視聴率を獲得し、Netflix日本でも「今日のTV番組TOP1」を独走中。世界では非英語部門のTV番組で配信開始から6週連続でTOP10入り、そのうち2位になったのは一度きりでTOP1に君臨し続けている。昨年の「イカゲーム」を引き合いに出されるほどの盛り上がり方だ。

主演を務めるのは、同じくNetflix配信されて人気を博したロマンス時代劇「恋慕」のパク・ウンビン。前作とはまったく違った主人公を見事に演じ、愛すべきニックネームを授けられた登場人物たちとの恋愛や友情と家族愛、さらに国境を越えてリアルかつ身近に存在する社会問題を反映した訴訟を痛快に解決していく様子が、「BTS」らK-POPアイドルや俳優たちをも夢中にさせ、世界中の人々の心をとらえている。

様々な配信サービスに毎月登場する新作ドラマのうち、ウ・ヨンウの毎朝のルーティーンを映し出したオープニング・クレジットさえ“スキップ”したくない、それくらい愛おしい良作に出会えることはそう多くない。


社会的弱者であり、強者…?
自閉スペクトラム症の弁護士が主人公


アメリカ、日本でもリメイクされた「グッド・ドクター」では医師、「サイコだけど大丈夫」などにも同様の特徴を持つ画家が登場してきたが、今作では自閉スペクトラム症(ASD)の新人弁護士が描かれる。ウ・ヨンウは刑法・民法などあらゆる法や条項、関連資料を画像で保存したかのように記憶しており、大手法律事務所「ハンバダ」に就職するところから物語は始まる。

上司のチョン・ミョンソク弁護士(カン・ギヨン)は当初、弁護士には「話術や社会性が必要」と彼女を雇い入れた「ハンバダ」代表ハン・ソニョン(ペク・ジウォン)に反発するが、人と視線を合わせることはできなくても、部屋に入る前の心の準備に3秒間+深呼吸が必要であっても、ウ・ヨンウは弁護士として天才だ。

会話の脈略や相手の感情を理解しながら、誰も気づかない事実を見つけ、粘り強くひたすら被告人の利益を追求していくウ・ヨンウ。おうむ返しと呼ばれる相手の言葉をそのまま繰り返す反響言語も、注意されれば心の中だけに留めることもできる。段取りや争点があらかじめ概ね決まっていることが多い裁判は、ルーティーンや食事(キンパ一択)が変わることを好まず、自分だけの世界に強いこだわりを持つ彼女に向いているのかもしれない。

とはいえその一方で、ウ・ヨンウは回転ドアをうまく通り抜けることやペットボトルの蓋を開けることができない。予告もなく想定外のことが起きれば、戸惑い、混乱し不安になる。それに普段は、大好きなクジラのことで頭の中はいっぱいだ。高度な知能と知られざる神秘的な生態、家族愛や帰属意識で結ばれているクジラにウ・ヨンウが惹かれる理由は劇中でも詳しく説明されていくが、ウ・ヨンウこそがクジラのようだ。

今作では、クジラ好きの愛らしいウ・ヨンウが困難な訴訟に挑み、世にはびこる不条理や不公平をカッコ悪くもカッコよく成敗しつつ、自身に対する差別や偏見にも向き合っていくのが見どころとなる。今作を手掛けた女性脚本家ムン・ジウォンが語る通り、「ひとたび彼女が事件を担当すれば、視聴者がこれまで見たことのないような展開になります」。

そんなウ・ヨンウを熱演したのが、男装の世子を演じた「恋慕」も記憶に新しいパク・ウンビン。シム・ウンギョンらとともに子役から長く活動してきた彼女は、2シーズン続いた「青春時代」(16-17)や、今旬ヨン・ウジンと共演し熱血判事イ・ジョンジュに扮した「法廷プリンス-イ判サ判-」(17)、男性社会の野球界でキャリアウーマンを演じた「ストーブリーグ」(19)などでも知られるが、今回の役を演じきれるかどうか不安で出演を決意するまで1年かかったという。やがて心が決まると、ウ・ヨンウを誠実に演じるため専門家と会い、綿密なリサーチを行って臨み、2022年に記憶される新たな代表作を手に入れることになった。


ヨンウとグラミ、親友同士の挨拶がバズる


ウ・ヨンウを見守るキャラクターたちも魅力的だ。高校時代、お互いいじめられたり、腫れ物のように扱われていたトン・グラミ(チュ・ヒョニョン)とはすぐに親友になった。ヨンウにとってグラミは、父(チョン・ベス)以外に一緒にいて安心を感じられる大切な存在だ。

この親友グラミとの挨拶は思わず笑みがこぼれてしまうほど独特で、話題を呼んでいる。「BTS」のRMとジミンが劇中のように挨拶する様子がYouTube上でとらえられると、TikTokなどで拡散。“やってみた”動画も続々と投稿されている。


また、ロースクールを首席で卒業し、司法試験にもほぼ満点で合格したヨンウだが、その成績がありながらどこの事務所にも就職できなかったのは、劇中で同僚(であり、もう1人の親友といっていいだろう)チェ・スミン(ハ・ユンギョン)が指摘するように差別以外の何ものでもない。

ロースクールのころから“どうせ1位はウ・ヨンウ”と苦い思いをしたものの、見て見ぬふりなどできないのがスミンだ。「ハンバダ」でもペットボトルを開けてあげ、食堂がキンパの日は教えると言う。明るくて温かい「春の日差し」のようなスミンの思いやりは、決して当たり前にできることではない。

“腹黒策士”と呼ばれていたクォン・ミヌ(チュ・ジョンヒョク)も、当初は周囲に配慮され、特別扱いされるウ・ヨンウを快く思ってはいなかった。ウ・ヨンウを「弱者ではなく強者」と言い放ったのも彼だった。

ウ・ヨンウの頑張りを見守り、逸脱や混乱をその都度整えてくれたのは、“理想の上司”チョン弁護士(カン・ギヨン)だ。彼の寛容な導きなくしてウ・ヨンウの活躍はなかった。裁判を通じて「ハンバダ」の弁護士たち、判事や訴訟関係者の間にもウ・ヨンウに対するリスペクトが広がっていく様は爽快ですらあった。

何より、「他人に否定されても自分が愛だと言えば愛です」といった名セリフや初々しいキスシーンで一躍注目俳優となった、カン・テオが演じるイ・ジュノの存在だ。優しく忍耐強くあまりに完璧、その罪深さから韓国では“有罪男”と名づけられた。役名からして「赤い袖先」で大ブレイク中のイ・ジュノ(2PM)と同じ!? 入隊間近ながらしっかりと爪痕を残したカン・テオには、いまオファーが殺到中のようだ。


ロマンティックばかりじゃいられない
ウ・ヨンウの恋とキャリア


韓国の「KBIZoom」によれば、脚本家のムン・ジウォンは7月26日に行われた記者発表会で、“ウ・ヨンウが弁護士生活を送る上で一番大きな困難は自閉スペクトラム症そのものであり、それによる偏見”と考えた、と語っている。だからこそ、ウ・ヨンウの特徴的な言動と、それによって生じる困難をユーモアを交えながらもきっちり描こうとしたのだと。

ムン・ジウォンは今作がドラマ初脚本で、先に第1話でグラミがヨンウに紹介した映画『無垢なる証人』(19)を手掛けている。殺人の容疑者を弁護するヤン弁護士(チョン・ウソン)と、事件の唯一の目撃者である自閉スペクトラム症の少女ジウ(キム・ヒャンギ)との交流を描いた脚本は「第5回ロッテシナリオ公募展」で大賞を獲得した。

「あなたは信頼できる人なのか」、ヤン弁護士が彼女の問いに真摯に応えようとすることで、弁護士に憧れを抱いていたジウが“弁護士にはなれなくても、証人としてなら真実を伝えられる”と法廷に立つことを決意する。グラミがモノマネした「弁護士も人間です」は同作の名セリフだ。

ムン・ジウォン脚本の『無垢なる証人』(2019)

あれから約3年、今作ではついに“韓国初の自閉スペクトラム症の弁護士”が実現することになる。ドラマシリーズ全16話のうち1話~2話をかけ、ウ・ヨンウたちが挑む裁判から現代社会が抱える問題を1つ1つ浮き彫りにしていく。障がい者差別やナチスからつながる優生思想、性差別、移民(脱北者)問題、超学歴社会、根深い家父長制から、日本の報道番組でも見かける大規模道路工事と小さな自治体の対立まで、広く連続性と具体性を持ってこれらを顕在化させたのも視聴者が引き込まれた理由だろう。

さらに、第10話で描かれる知的障がいのある女性の恋愛に関する裁判が上記のジュノのセリフに繋がったように、それぞれの案件はウ・ヨンウの恋愛や親子関係、キャリアなどにも大きく影響を与え、彼女の世界を広げていく。存在さえ知らなかった母親との再会に加えて、依頼人の利益をとるか、それとも社会正義(真実)か、弁護士として究極の命題にまで対峙する。ときにはロマンティックなやり方では通用しない、過酷な現実にも向き合わなければならない。

例えば、第3話ではある悲劇が起きた兄弟の裁判で、ウ・ヨンウが自閉スペクトラム症であること自体が裁判の争点となってしまう。個人差がさまざまな自閉スペクトラム症についてウ・ヨンウ自身は理解していても、裁判に立つ検事や判事ほか、チョン弁護士でさえ「同じだから、気持ちが分かるでしょ」と彼女に同裁判を担当させた当時は無理解だった。こうした周囲への指摘も、ドキリとするほど的確で辛辣である。そもそも我々が今作のあらすじを知って、「自閉スペクトラム症の女性が弁護士に?」と興味を抱くのも無自覚な差別の裏返しではないのか。

とはいえ、今作が素晴らしいのはそういった先入観や偏見、既成概念をことごとく、鋭くもゆっくりと、まるで“ズン、チャッチャッ”のリズムのごとく打ち砕いてくれる点だ。『無垢なる証人』でも触れた“普通ではない”からといって劣っているとは限らない、という動物学者テンプル・グランディンの考えを今作にも登場させながら、“普通ではない”弁護士を通じて1人の人間の独自性を照らしている。

世の中は相変わらず不寛容で忙しないが、それでも、今日も大小さまざまなクジラたちが優雅に空を泳いでいるウ・ヨンウの世界を思えば、心にほんのり温かい光が灯る。ウ・ヨンウはもう、ひとりぼっちではないからだ。

「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」はNetflixにて配信中(全16話)。


韓国映画100選
¥3,850
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
韓国ドラマの知りたいこと、ぜんぶ
¥1,317
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《上原礼子》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top