松岡茉優「私も憧れ」肝の座った女性を好演『ヘルドッグス』

岡田准一主演『ヘルドッグス』は、猛者をもたしなめる極道の姉御役を演じた松岡茉優の新場面写真が解禁となった。

映画 邦画ニュース
『ヘルドッグス』松岡茉優 (C)2022 「ヘルドッグス」製作委員会
  • 『ヘルドッグス』松岡茉優 (C)2022 「ヘルドッグス」製作委員会
  • 『ヘルドッグス』松岡茉優 (C)2022 「ヘルドッグス」製作委員会
  • 『ヘルドッグス』松岡茉優 (C)2022 「ヘルドッグス」製作委員会
  • 『ヘルドッグス』松岡茉優 (C)2022 「ヘルドッグス」製作委員会
  • 『ヘルドッグス』(C)2022「ヘルドッグス」製作委員会

岡田准一と原田眞人監督が『関ヶ原』『燃えよ剣』に続き3作品目のタッグを組んで作り上げた、究極のノンストップ・クライム・エンターテイメント『ヘルドッグス』。今回は、猛者をもたしなめる極道の姉御役を演じた松岡茉優の新場面写真が解禁となった。


>>『ヘルドッグス』あらすじ&キャストはこちらから

解禁となったのは、東鞘会・神津組のボスであり、兼高(岡田准一)、室岡(坂口健太郎)の狂犬コンビの“オヤジ”でもある土岐(北村一輝)の愛人・恵美裏の姿を捉えた新場面写真。松岡さんが演じる恵美裏は、関東最大のヤクザ組織「東鞘会」という男社会の中で生きる極道の女。土岐のことを“パパ”と呼び、愛嬌のある一面も覗かせながら、どんな鍵でも解錠できる“鍵師”の家系出身で、裏社会に独自のパイプを持つミステリアスな女性。

背中には美しい鳳凰のタトゥーを持ち、時には東鞘会に与する屈強な猛者たちすら、ひと言で嗜める肝っ玉の座ったところがあり、公私ともに土岐の支えになっている。

しかし一方で、欲望に忠実、刺激が大好きな彼女は土岐の部下である兼高とも、道ならぬ関係に。力強さと妖艶な魅力を併せ持つ魅力的なキャラクターとして、映画の世界を彩っている。

到着した場面写真では、楽しそうにじゃれ合う土岐と恵美裏の姿や、共に現場にでて指揮をとる2人の姿が映し出されているほか、真っ黒な衣装に映えるグリーンヘアと真っ赤な口紅が印象的な恵美裏の美しい姿がとらえられている。

松岡さんは恵美裏という役柄について「頭が良くて魅力的で、私も憧れてしまう」とコメントしており、共演シーンの多かった北村さんについて「初めて共演させていただいたのですが、とても優しくして下さって、たくさん助けていただきました」と撮影秘話を明かす。

原田組は初参加となったが、実はクランクイン前に現場に見学に行っていたそう。「監督の真後ろで見学させていただきました。『このアングルはね、こう言うことなんだよ』とか『こうやって撮っていくよ』っていうのを細かく教えてくださったんです」とも明かしている。自身が恵美裏という役を演じることで「彼女の信念がチラリとみえたら嬉しいです」と、男社会の中においても信念を持った女性を見事に体現している。

『ヘルドッグス』は9月16日(金)より全国にて公開。


ヘルドッグス 地獄の犬たち 1 (ヒューコミックス)
¥673
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top