宮沢氷魚、大森南朋との共演ふり返る『グッバイ・クルエル・ワールド』インタビュー映像

9月9(金)明日、いよいよ公開となる大森立嗣監督映画『グッバイ・クルエル・ワールド』より、事件に深く巻き込まれるラブホ従業員役で出演している宮沢氷魚のインタビュー映像が到着した。

映画 邦画ニュース
『グッバイ・クルエル・ワールド』(C)2022『グッバイ・クルエル・ワールド』製作委員会
  • 『グッバイ・クルエル・ワールド』(C)2022『グッバイ・クルエル・ワールド』製作委員会
  • 『グッバイ・クルエル・ワールド』(C)2022『グッバイ・クルエル・ワールド』製作委員会
  • 『グッバイ・クルエル・ワールド』(C)2022『グッバイ・クルエル・ワールド』製作委員会
  • 『グッバイ・クルエル・ワールド』(C)2022『グッバイ・クルエル・ワールド』製作委員会
  • 『グッバイ・クルエル・ワールド』(C)2022『グッバイ・クルエル・ワールド』製作委員会

9月9日(金)明日、いよいよ公開となる大森立嗣監督映画『グッバイ・クルエル・ワールド』より、事件に深く巻き込まれるラブホ従業員役で出演している宮沢氷魚のインタビュー映像が到着した。


>>『グッバイ・クルエル・ワールド』あらすじ&キャストはこちらから

西島秀俊、斎藤工、玉城ティナ、宮川大輔、三浦友和が、互いに素性を明かさない一夜限りの強盗団を演じる本作。彼らはラブホテルで秘密裏に行われていたヤクザ組織の資金洗浄現場を狙い、大金強奪の大仕事に成功、それぞれの生活に戻るも、警察やヤクザ組織に追われる日々が始まる。

そんな彼らの事件に大きく巻き込まれていくのが、宮沢さん演じるラブホテルの従業員・矢野大輝。インタビューでは、「初めて挑戦するタイプだったので、毎回新鮮な気持ちで現場に行けて、新しいことに挑戦できたのですごく楽しかったし、もう少しこの役を演じていたかったです」と言い、充実した撮影だった様子。

役柄については「儚さがある生きる意味を見出せない、派手なんだけどどこか心優しいところがあって、(玉城ティナさん演じる)美流に出会って生きる意味というか、この人のために自分を捧げたいと思える存在ができて、その人のためにすべてを犠牲にしてでも生きていきたいと思えるピュアさを持っていると思うので、そこを注意しながら演じました」と語る。

また、ドラマデビュー作「コウノドリ」で共演し、本作ではヤクザと黒い繋がりを持つ刑事を演じている大森南朋について「大森さんにいろいろ助けてもらいました。僕も少しは成長しましたよってことを見てもらえる機会になったので、すごく嬉しかったですし、また共演できるくらい頑張ってこれたんだという自信にも繋がるので嬉しかったです」と共演をふり返っている。

そして、本作のテーマについて「何のために生きるんだろうとか、何のために死ぬんだろうとか、ちゃんと考えるきっかけになる作品だと思っています。一筋の光というか、何らかの希望を持って生きていけたらいいなって。(本作は)一見たくさんの人が死んで希望がないように見えますが、その裏にはとてつもない希望があって。それを感じ取っていただけたらと思っています」と呼びかけた。

『グッバイ・クルエル・ワールド』は9月9日(金)より全国にて公開。


グッバイ・クルエル・ワールド
¥1,650
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top