【ヴェネチア国際映画祭2022】金獅子賞は『All The Beauty and The Bloodshed』受賞結果速報

現在開催中のヴェネチア国際映画祭より、受賞結果が発表された。最も優れた作品に与えられる金獅子賞は写真家のナン・ゴールディンによる薬害抗議活動を追ったドキュメンタリー作品、『All The Beauty and The Bloodshed』が受賞。主な受賞結果は以下の通り。

最新ニュース スクープ
79th Venice International Film Festival
  • 79th Venice International Film Festival
  • 79th Venice International Film Festival
  • 79th Venice International Film Festival
  • 79th Venice International Film Festival
  • 79th Venice International Film Festival
  • 79th Venice International Film Festival
  • 79th Venice International Film Festival
  • 79th Venice International Film Festival

現在開催中のヴェネチア国際映画祭より、受賞結果が発表された。最も優れた作品に与えられる金獅子賞は写真家のナン・ゴールディンによる薬害抗議活動を追ったドキュメンタリー作品、『All The Beauty and The Bloodshed』が受賞した。主な受賞結果は以下の通り。

コンペティション部門の作品一覧はこちらから

受賞結果一覧


  • 金獅子賞🏆(最優秀作品賞):All The Beauty and The Bloodshed(原題)/ローラ・ポイトラス監督

  • 銀獅子賞(審査員グランプリ):Saint Omer(原題)/アリス・ディオップ監督

  • 銀獅子賞(最優秀監督賞):ルカ・グァダニーノ『Bones and All(原題)』

  • ボルピ杯(最優秀女優賞):ケイト・ブランシェット『Tár(原題)』

  • ボルピ杯(最優秀男優賞):コリン・ファレル『イニシェリン島の精霊』

  • 最優秀脚本賞:『イニシェリン島の精霊』/マーティン・マクドナー

  • 審査員特別賞:Khers Nist(原題)(No Bears /英題)/ジャファル・パナヒ監督

  • マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞):テイラー・ラッセル『Bones and All(原題)』

  • オリゾンティ最優秀映画賞:Jang -E Jahani Sevom(原題)(World War III/英題)/ホウマン・セイェディ監督

  • オリゾンティ最優秀監督賞:ティッザ・コヴィ、レイナー・フリメル監督『Vera(原題)』

  • オリゾンティ最優秀女優賞:ベラ・ジェンマ『Vera(原題)』

  • オリゾンティ最優秀男優賞:モーセン・タナバンデ『Jang -E Jahani Sevom(原題)(World War III/英題)』

  • オリゾンティ最優秀脚本賞:Blanquita(原題)

  • オリゾンティ審査員特別賞:Chleb I Sól(Bread and Salt)(原題)/ダミアン・コキュール監督

  • オリゾンティ短編映画賞:Snow in September(原題)/ラグヴァドゥラム・ピュアヴ=オチル監督

  • デビュー作品賞:Saint Omer(原題)/アリス・ディオップ監督

  • ベスト・レストアード・フィルム賞:殺しの烙印/鈴木 清順監督

  • ヴェネチア・イマーシブ・ベスト・エクスペリエンス(XR部門最優秀賞):The Man Who Couldn’t Leave(原題)/チェン・シンギン監督

《Branc編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top