※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

猫たちの幸せはどこに? 250匹の引越し大作戦が始まる『猫たちのアパートメント』予告編

伝説的デビュー作『子猫をお願い』のチョン・ジェウン監督によるドキュメンタリー『猫たちのアパートメント』より予告編とポスタービジュアルが解禁された。

韓流・華流 スクープ
注目記事

伝説的デビュー作『子猫をお願い』のチョン・ジェウン監督によるドキュメンタリー『猫たちのアパートメント』より予告編とポスタービジュアルが解禁された。


>>『猫たちのアパートメント』あらすじ&キャストはこちら

本作は、老朽化で再開発が迫るソウル市内にあるマンモス団地で、そこに暮らす250匹の猫たちのお引越しを四季を通じて2年半にわたって捉えたドキュメンタリー。解禁された予告編では、住民たちによる猫のお引越し大作戦が始まる様子が映し出されている。

ソウル市内・江東区のかつてアジア最大と呼ばれたマンモス団地。老朽化で再開発が決まり、少しずつ住民の引越しや取り壊し工事が進んでいる。そこには住民に見守られて250匹の猫たちが暮らしていた。団地に住むイラストレーターや作家、写真家などの女性たちが中心となって活動する<遁村(トゥンチョン)団地猫の幸せ移住計画クラブ>(略称<トゥンチョン猫の会>)は、住民の様々な意見を聞く会を催す。猫たちの顔を見分けるために写真を撮りイラストを描いてパンフレットを作り、猫たちを再開発地域から安全な場所に移住させる計画を立てるが…。

ささやかな営みから、猫という存在を通して、私たちが暮らす街や社会の矛盾や変化、未来へのヒントが見えてくる本作。猫を人間の対等なパートナーとして位置づけることで、都市の生態系、アニマルライツ、環境などへの様々な考え方に目を向けさせる作品となっている。

20代の女性5人の友情、夢や恋、挫折、拾った子猫との関係をみずみずしく描き、韓国の女性監督や女性を主人公にした作品が注目を集めるきっかけになった、記念碑的傑作『子猫をお願い』(2001年)でデビューしたチョン・ジェウン監督。<トゥンチョン猫の会>のメンバーも「『子猫をお願い』は私たちの世代では知らない人がいないほど有名な映画で、その監督にぜひこの団地と猫を記録して欲しいという思いがあった」と語る。

フィクションとノンフィクションを自在に手掛け、独自の作品歴を築き上げたチョン監督は、「<猫>は私たちの社会の変化を示す物差しです。だからこそ、ますます興味が湧いてくるんです」とコメント。巨大団地の解体を背景に、2年半に及ぶ撮影を通じ、自由気ままに団地を闊歩する個性豊かな猫たちの姿を、地面スレスレに構えた猫目線のカメラで活き活きと描き出す。

予告編と併せて解禁されたポスタービジュアルでは、本作の主人公的な黒猫、カミを中心に、団地に暮らす個性豊かな猫たちの、時には愛くるしく、時には寂しげな表情が印象に残る一枚となっている。

『猫たちのアパートメント』は12月23日(金)よりユーロスペース、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開。

《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top