『子猫をお願い』女性監督がとらえた250匹の猫の“お引越し”『猫たちのアパートメント』公開

20代の5人の女性の友情、夢や恋、挫折、拾った子猫との関係をみずみずしく描いた『子猫をお願い』(2001年)のチョン・ジェウン監督。その最新ドキュメンタリー映画『猫たちのアパートメント』が、12月に日本公開決定。ティザービジュアルと特報映像が解禁となった。

韓流・華流 スクープ

20代の5人の女性の友情、夢や恋、挫折、拾った子猫との関係をみずみずしく描いた『子猫をお願い』(2001年)のチョン・ジェウン監督。その最新ドキュメンタリー映画『猫たちのアパートメント』が、12月に日本公開決定。ティザービジュアルと特報映像が解禁となった。

ソウル郊外・江東区のかつてアジア最大と呼ばれたマンモス団地・遁村(トゥンチョン)団地。老朽化で再開発が決まり、少しずつ住民の引越しや取り壊し工事が進んでいる。しかし、そこには住人たちに見守られて250匹の猫たちが住んでいた。

猫たちのこれからはどうなるのか? 猫たちと住人たちによるお引越し大作戦が始まる。果たして、全ての団地が解体されるまでに、猫たちに新たな安住の地を見つけることはできるのか?

本作は猫たちと住民たちによるお引越し作戦を四季を通じて2年半にわたって捉えた温かなドキュメンタリー。再開発前のまだ緑が生い茂る中を闊歩する、個性豊かな猫たちの自由気ままな姿をとらえたビジュアルと特報がお披露目された。

韓国の女性監督や女性を主人公にした作品が注目を集めるきっかけになったチョン・ジェウン監督のデビュー作『子猫をお願い』(2001)は、世界各国の映画祭で上映され、出演したペ・ドゥナら女優たちをはじめとして多くの受賞をもたらした。デビューから20年、チョン監督は劇映画とドキュメンタリー映画を行き来する独自のフィルモグラフィーを築き上げてきた稀有な監督でもある。

そのチョン監督待望の最新作は、地域の住人に見守られ団地に暮らす「地域猫」と、そこに住む人々との交流をとらえ、自由気ままに団地を闊歩する個性豊かな猫たちの姿を、地面スレスレに構えた猫目線のカメラで活き活きと描き出す。

『猫たちのアパートメント』は12月、ユーロスペース、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開。


京都西陣 町家に暮らす16匹の猫たち
¥1,210
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
子猫をお願い 4Kリマスター版 [Blu-ray]
¥3,819
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top