山田裕貴、北川景子主演月9「女神の教室」に出演「みんな一緒だと感じていただけたら」

山田裕貴が来年放送予定の新月9ドラマ「女神の教室~リーガル青春白書~」に出演することが分かった。変わり者の天才教員を演じる。

最新ニュース スクープ
「女神の教室~リーガル青春白書~」(C)フジテレビ
  • 「女神の教室~リーガル青春白書~」(C)フジテレビ
  • 山田裕貴『HiGH&LOW THE WORST』/photo:Jumpei Yamada

山田裕貴が来年放送予定の新月9ドラマ「女神の教室~リーガル青春白書~」に出演することが分かった。変わり者の天才教員を演じる。

北川景子主演の本作は、未来の法曹界を担う若者たちが通うロースクールを舞台とした、リーガル&ロースクールエンターテインメント作品。裁判官で実務家担当教員の主人公・柊木雫と、彼女を取り巻く人々が、自身の価値観をぶつけ合いながら、法曹界のあり方を問う。

連続テレビ小説「ちむどんどん」への出演が記憶に新しく、今作で月9レギュラー出演とリーガル作品への出演が初となる山田さん。今回演じるのは、柊木が派遣教員としてやってくる青南大学法科大学院の研究家教員・藍井仁。

超が付くほどの合理主義者で変わり者。判例オタクで知識では誰にも負けない自信がある。他人に対しては無関心で、授業では成績上位の学生にしか指導する気はなく、下位は眼中にもない。しかし、東大法学部在学中に司法試験に合格した天才であること、的確かつ合理的な授業で司法試験合格を目的とした自主ゼミ“藍井塾”では毎年圧倒的な試験合格率を誇るため、ロースクール生からは“メシア”、“ゴッド”と崇拝され、教員からもエースと認められている。

出演に関して山田さんは「まさか、自分の人生が月9に出演できる道のりになるとは想像していなかったので、単純に“わぁ、すごい!”という思いが強かったです」と喜びつつも、「ただ逆に、どんな枠だろうと、どの場所でも自分がやることは変わりません。自分が今までやって来たことを、今回もしっかりとできればいいなと思っています」と意気込む。

そして「今作はただの教員、学生が登場する学園ドラマではありません。女神と書いて“テミス”と読むのも新しいですし、サブタイトルで“青春白書”と付いていますが、ただの青さや春っぽさではなく、厳しさや辛さ、人間が生きていくことの大変さを法律に絡めて見せていくドラマなので是非楽しんでいただきたいです。登場人物たちと同じような悩み、苦しみ、辛さを抱えた方たちには、みんな一緒だと感じていただけたらうれしいです」と視聴者へメッセージを寄せた。

「女神の教室~リーガル青春白書~」は2023年1月、毎週月曜日21時~フジテレビにて放送予定。


MORE (モア) 2022年12月号 [雑誌]
¥509
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
TVガイド関東版 2022年11月18日号
¥470
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top