※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【ドラマニア】2023年総括! 印象深いドラマキャラクター「勝手にベスト10」

2023年も、あっという間に年の瀬に――。今日は1年の総括として、ドラマニアな筆者が選ぶ「勝手にベスト10」をご紹介。印象深いキャラクターの数々を一緒に振り返っていきましょう。

最新ニュース コラム
注目記事
日曜劇場「VIVANT」 (C)TBS
  • 日曜劇場「VIVANT」 (C)TBS
  • 「ブラッシュアップライフ」
  • 「セクシー田中さん」©芦原妃名子/小学館/NTV
  • 「こっち向いてよ向井くん」ポスター
  • 「100万回 言えばよかった」
  • 「合理的にあり得ない ~探偵・上水流涼子の解明~」
  • 「わたしのお嫁くん」(C)フジテレビ
  • 「unknown」

2023年も、あっという間に年の瀬に――。1月スタートの冬クールに始まり、春・夏・秋とどんな作品のどんなドラマキャラクターが注目を集めたか、皆さんは覚えていますか? そこで今日は1年の総括として、ドラマニアな筆者が選ぶ「勝手にベスト10」をご紹介。印象深いキャラクターの数々を一緒に振り返っていきましょう。

10位:リアルな女子の胸中を吐露してくれた倉橋朱里(生見愛瑠)/「セクシー田中さん」


今年、最も熱く“女同士の友情”を描いてくれたのが本作。地味なOLとセクシーなベリーダンサーの二つの顔を持つ主人公・田中さん(木南晴夏)の秘密を偶然知ってしまった朱里は、いつしか彼女が人生の最推しに。一見、陽キャに見える朱里の笑顔の裏側に潜む闇。等身大女子の悩みを体現してくれたキャラクターと言えるでしょう。

9位:不器用さが逆に愛らしくもあり…!? 向井悟(赤楚衛二)/「こっち向いてよ向井くん」


元カノと別れて以来、10年間に渡り“恋愛迷子”だった主人公・向井くんは、雰囲気も性格もよく、仕事もできて先輩にも後輩にも好かれている――なのに、なぜか恋がまったく始まらない、恋愛の仕方忘れてしまっている男子。自分でその抜けているところに気づいていないのが彼のチャームポイント。女性の方が、案外現実主義なのかも!? 男性の中でも向井くんのようなタイプは、少女漫画のようなフワフワとした恋に憧れているんだなぁという発見がありましたね。

8位:一人二役の絶妙な演技が神がかっていた魚住譲(松山ケンイチ)/「100万回 言えばよかった」


あるひとつの殺人事件を軸に、数奇な運命に翻弄されながらも奇跡を起こそうとする恋人たちの懸命な姿を描いた、切なくて温かいファンタジーラブストーリー。中でも刑事役の魚住はその優しさから、何度も幽霊である直木(佐藤健)に体を貸すことになってしまい…。時折、視線をシュッとさせてザ・イケメンキャラを演じる姿が大変印象に残っています。松山さんの演技力がキラリ光る役どころでした。

7位:頭脳とパワーを合わせ持つ最強の女探偵・上水流涼子(天海祐希)/「合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~」


元弁護士の肩書きを持つも、ある事件をきっかけに資格をはく奪された“ワケあり”女探偵・上水流涼子が、IQ140でちょっぴり変わり者の相棒・貴山伸彦(松下洸平)とタッグを組む羽目になるという本作。涼子のパンチやキックは最早神業レベル!? 警察に頼めない様々な難題を大胆な方法で解決していく姿がめちゃくちゃカッコ良かったです。イライラする度、なぜかいつも激辛な食べ物を食べている特徴も面白かったです。

6位:吸血鬼の妻を愛する、パワフルな警察官・朝田虎松(田中圭)/「unknown」


殺人犯の息子というトラウマを抱えながら交番警察官としてパワフルに働く虎松は、吸血鬼という正体を隠して働く週刊誌のエース記者・こころ(高畑充希)と恋に落ちて…。みんなからトラちゃんの愛称で親しまれる彼は、口は悪いが、世話焼きで優しく、情に厚い町の人気者。なのに、虫や幽霊などが大の苦手な辺り、とってもキュートなキャラクター。こころの正体を知っても、全力で愛し抜く姿が胸アツでした。

5位:リアルにいて欲しい後輩といえばこの人! 山本知博(高杉真宙)/「わたしのお嫁くん」


仕事を完璧にこなす主人公・速見穂香(波瑠)が、実は生粋の「ズボラ女子」である秘密を偶然知ってしまった後輩の山本。実は彼、最上級の家事スキルの持ち主で…! 元々穂香に好意を寄せていた山本は、抜群の料理、炊事、洗濯パワーを武器にじわじわと女心に攻め入っていきます。リアルにもしいたら、引く手あまたになりそうな、優しさと積極性を程良く兼ね備えた現代男子の象徴的キャラクターだったのでは?

4位:超ド級の明るさが魅力の恋する三十路女子・白玉佐弥子(広瀬アリス)/「マイ・セカンド・アオハル」


30歳を迎えた佐弥子は、仕事を辞めて大学生となり、人生の第2章をスタート。楽しいことばかりではない厳しい現実の数々を目の当たりにしながらも、前向きに自分を鼓舞して突き進む姿が「共感MAX」「まるで自分」と世のアラサー女子たちから注目を集めました。10歳以上離れた大学生と恋に落ちる展開もは、まさに憧れの的…!? 共に泣き、笑い合うシェアハウス仲間との友情も最強でしたね。

3位:正直アリクイには絶対になりたくない…! 近藤麻美(安藤サクラ)/「ブラッシュアップライフ」


主人公・麻美が、意図せず平凡な毎日を何度もやり直すことになってしまう超斬新な地元系タイムリープ・ヒューマン・コメディ。命を落とす度、アリクイ、サバ、ウニ…と人間以外の意外な生物に転生することを告げられ悶絶する彼女の姿が、いまも目に焼きついて離れません。最終的に人間ではない“あれ”になったのではないかという余韻も最高です! 思わず「自分だったらどうするかな」と考えてしまう等身大の展開の数々が魅力的でした。

2位:二度目の人生をやり直す切なさが視聴者の胸を打つ鵜久森叶(芦田愛菜)/「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」


逆行もののセオリーとして、「自分が二度目の人生を送っている」ことは伏せるのが一般的ですが、主人公・里奈(松岡茉優)とその生徒・叶はその秘密を共有し合って見えない敵と対峙していきます。「生きてれば変わる、変えてくれる誰かが世界の何処かにいる」彼女の残した渾身のメッセージに、涙した視聴者も多いのではないでしょうか。鵜久森さんの涙が胸の奥で何度もリフレインする一作。

1位:複数の顔を持つ!2023年最も注目を集めた主人公・乃木憂助(堺雅人)/「VIVANT」


日本の公安警察×国内外で民間人に紛れて諜報活動を行う特殊部隊・別班×国際的なテロ組織・テントの三つ巴の戦いを主軸に、「敵か味方か、味方か敵か」――毎話、予想を裏切るジェットコースター展開が大きな話題を呼んだ2023年の代表作。堺さん演じる乃木は、愛に裏切られ、愛を憎み、愛に憧れた男です。生まれ落ちたその瞬間から、過酷な運命の渦に巻き込まれた彼が行きついた先は、天国か、はたまた地獄か…。続編が期待される終わり方に、SNSではいまも考察が続いているようです。再び彼の姿を見ることができるなら、ぜひコミカルな笑顔なども見てみたいものですね。

以上、ドラマニアが選ぶ2023年印象に残ったドラマキャラクター「勝手にベスト10」でした。1年をふり返る会話のネタにぜひ、ご家族やご友人と話してみてくださいね。


《YUKI》

三度の飯よりドラマが大好き YUKI

テレビ局での勤務を経て、フリーに転身。毎クール全ての作品に目を通す【ドラマニア】としてコラムを執筆している。近年はシナリオライターとしても活動の幅を広げており、乙女ゲームをはじめ、CMや謎解きなど、ジャンルを問わず様々な企画に挑戦中。

+ 続きを読む

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top