劇場版『名探偵コナン』最新作、タイトルは“黒鉄の魚影”に決定!公開日は4月14日に

「名探偵コナン」シリーズの劇場版最新作タイトルが『名探偵コナン 黒鉄(くろがね)の魚影(サブマリン)』に決定し、2023年4月14日(金)に公開されることが分かった。併せて、原作者・青山剛昌描き下ろしのティザービジュアルが解禁となった。

映画 邦画ニュース
『名探偵コナン 黒鉄の魚影』(C)2023 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • 『名探偵コナン 黒鉄の魚影』(C)2023 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • 『名探偵コナン 黒鉄の魚影』(C)2023 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

「名探偵コナン」シリーズの劇場版最新作タイトルが『名探偵コナン 黒鉄(くろがね)の魚影(サブマリン)』に決定し、2023年4月14日(金)に公開されることが分かった。併せて、原作者・青山剛昌描き下ろしのティザービジュアルが解禁となった。


>>『名探偵コナン 黒鉄(くろがね)の魚影(サブマリン)』あらすじ&キャストはこちら

今作でポイントとなるのは、<コナン><灰原哀>と、因縁の関係である<黒ずくめの組織>。解禁となったビジュアルでは「死ぬな、灰原―」というキャッチコピーとともに、水に沈みゆく灰原に手を伸ばすコナンの姿から、灰原に命の危機が迫ることが予感される。

そして工藤新一に薬を飲ませた張本人で、組織のボスである<あの方>とも直接連絡を取りあう幹部格の人物<ジン>が中央で不敵な笑みを浮かべている。

ビジュアルの右サイドには、<あの方>の側近にして組織のNo.2として名高く、劇場版シリーズには本格的初参戦となる最高幹部<ラム>、コナンと灰原の正体を知っているが組織には報告せず謎の行動が多い<ベルモット>、CIA諜報員(=本堂瑛海)で組織に潜入している<キール>、さらには私立探偵(=安室透)や公安警察(=降谷零)としての顔を持ちながら、黒ずくめの組織に潜入する<バーボン>までもが描かている。

左サイドに描かれるのは、鋭い目線の警視庁捜査一課・管理官の≪黒田兵衛≫、不安げな眼差しを向ける≪蘭≫と≪阿笠博士≫、さらには<ライ>のコードネームで組織に潜入捜査をしていた過去を持ち、現FBI捜査官で狙撃の名手の≪赤井秀一≫。

コナン・灰原・ジンを中心に、左右対称に描かれたキャラクターの配置が示すものとは? 劇場版では『純黒の悪夢(ナイトメア)』(2016年)以来となる赤井と安室(バーボン)2人揃っての登場は、どのようにストーリーに関わってくるのか? 因縁の関係にあるコナン・灰原と、黒ずくめの組織が激突し、ついに正体が暴かれてしまうのか…?

まだまだベールに包まれた本作に引き続き注目が集まる。さらなる続報に期待したい。

『名探偵コナン 黒鉄の魚影』は2023年4月14日(金)より全国東宝系にて公開。


劇場版「名探偵コナン緋色の弾丸」 (通常盤) (BD) [Blu-ray]
¥5,190
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top