台湾最注目の俊英が贈る『青春弑恋』3月公開へ、都市のミレニアル世代映す特報も到着

2021年トロント国際映画祭ワールドプレミア上映で公開されるや高い評価を受け、同年の東京国際映画祭ではチケットが瞬時に完売した話題の台湾映画『青春弑恋』(読み方:せいしゅんしれん)が3月24日(金)に日本劇場初公開決定。特報と日本版ビジュアルが解禁された。

韓流・華流 スクープ

2021年トロント国際映画祭ワールドプレミア上映で公開されるや高い評価を受け、同年の東京国際映画祭ではチケットが瞬時に完売した話題の台湾映画『青春弑恋』(読み方:せいしゅんしれん)が3月24日(金)に日本劇場初公開決定。特報と日本版ビジュアルが解禁された。

エドワード・ヤン、ツァイ・ミンリャンに続く才能として、いま台湾で最も注目を浴びるホー・ウィディン監督が贈る本作。ヤン監督のポストモダンの傑作『恐怖分子』(86)で描かれた、何の接点も持たない人々たちの間の奇妙な連鎖反応を描いた群像劇と同テーマをデジタル時代にアップデート、都市のミレニアル世代の若者の欲望と苦悩を野心的に描いた。

物語は、一見何の関係もない6人が互いに影響し合い、オンラインゲーム、インフルエンサー、ポルノ、コスプレ、妄想、刀、恋愛のもつれをベースに、台北駅の無差別殺人事件に巻き込まれていく、というもの。ここ数年、台湾の映画やテレビでは、若者が犯した凶悪な公共犯罪の後日談を取り上げることが繰り返されており、その事例を要とし、刺殺事件をきっかけに交錯するZ世代ティーンエイジャーたちの人生に焦点を当てている。

主演は、心に闇を抱え権力を振るうストーカー役で強烈な毒気を放つリン・ボーホン。ジャッキー・チェンと共演した『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』など国際的に活躍する台湾期待の俳優だ。共演は、Netflixオリジナルシリーズ「次の被害者」で台湾のエミー賞といわれる「金鐘奨(ゴールデン・ベル・アワード)」最優秀新人賞を受賞ムーン・リー。本作では心に孤独を抱える女性を情感たっぷりに演じている。

撮影は『幸福都市』でもホー・ウィディン監督とタッグを組んでいるジャン・ルイ・ヴィアラール。監督がイメージする大都会・台北の光と影を登場人物の心の機微とあわせて美しく描写。劇中に流れる音楽はショパンの「夜想曲(ノクターン)」で、その美しい響きが劇中に漂うメランコリーをより一層引き立てる。

一人の人間の行動が、身近な人間だけでなく、見ず知らずの人間にまで波紋を広げるという斬新なストーリーを、やがて巧みなサスペンスへと昇華。残念ながらデジタル時代の到来を見届けることはできなかったヤン監督だが、ホー監督の敬意に満ちたオマージュは、巨匠が今日の世界をどう解釈していたかを美しくも力強く示すことに成功した。

解禁となった特報では、6人の奇妙な関係模様が描かれている。刀を抜く男のシーンから幕を開け、電話ボックスの中で抱き合う男女、ガラスを割っても口を聞かない男女、さらにショパンの曲も相まって青春の脆さも強調されている。

「女は積極的な男が好きよ。機会を作ってアプローチしなさいね」とマッサージ師に言われた男は、惚れた女の部屋を覗きに行くという恐怖の行動に出る。電車の中では女の前に現れ「俺の恋人だ」と叫び散らかし、「赤の他人よ!」と恐怖心に怯えながら叫ぶ女。ラストは男が刀を持って台北駅に現れ、悪夢が始まる瞬間が映し出された。

また、ポスタービジュアルには、2人の女性が抱き合う姿に「やがて悪夢のような惨劇がおこる-。」というキャッチコピーが配され、緊迫感を漂わせている。

『青春弑恋』は3月24日(金)よりシネマート新宿・心斎橋ほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top