※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

岸井ゆきの、清野菜名主演ドラマ「日曜の夜ぐらいは...」に出演「自由に心の赴くままに」

清野菜名が主演する、岡田惠和オリジナル脚本ドラマ「日曜の夜ぐらいは...」に、岸井ゆきのが出演することが分かった。

最新ニュース スクープ
注目記事
「日曜の夜ぐらいは...」
  • 「日曜の夜ぐらいは...」
  • 「日曜の夜ぐらいは...」
  • 「日曜の夜ぐらいは...」
  • 「日曜の夜ぐらいは...」

4月より日曜22時に放送を開始する清野菜名主演、岡田惠和オリジナル脚本ドラマ「日曜の夜ぐらいは...」に、岸井ゆきのが出演することが分かった。

離れた場所に住み、お互いの存在も知らない3人は、あるラジオ番組をきっかけに、運命的な出会いを果たす。そして、お互いに戸惑いながらも心を通わせ始めた彼女たちに、ある奇跡が起き…。漫然とした暮らしの中で行き詰まっていた3人の人生が、静かに動き出す――。

出演が明らかになった岸井さんは、『愛がなんだ』「浦安鉄筋家族」「アトムの童」などに出演、主演映画『ケイコ 目を澄ませて』では第77回毎日映画コンクール女優主演賞、第46回日本アカデミー賞優秀主演女優賞、第96回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞などを受賞。

本作で岸井さんが演じるのは、家族から縁を切られながらも、退屈な毎日に楽しみを求めてタクシー運転手を続ける野田翔子。主人公・岸田サチ(清野さん)と共に物語を紡ぐ女友達3人組のうちの1人だ。

また元ヤンであり、乗客にドリフト走行をちらつかせたり、勤務明けには缶チューハイを一人あおったりと、言動はどこまでも粗野。初対面での距離感の近さやノリの軽さとあいまって、一見、輪郭のはっきりした第一印象を与えるが、実は表には出さない人恋しさを心の奥底に抱え込んでいる。

岸井さんは役どころについて「不良にあこがれて学生時代を過ごし、家庭環境などに複雑なものを抱えている女性」と説明し、「私には目立った反抗期がなかったのですが、それは、内面にぐつぐつとある耐え難い感情を思春期のせいだと思い、無理に押さえ込んでいたから、大人になった今も同じ悩みは続いている。それならそのときに反抗しておけば良かったと思うくらいです。翔子は私と違って、若い時の感情に素直に従った。そこにうらやましさを感じますし、今の翔子につながってくる部分でもあるので、気持ちの通りに動いてしまう瞬間のある翔子を、自由に心の赴くままに演じられたらいいなと思っています」とコメント。

清野さんとの共演については「同じ作品に出たことはあるのですが、一緒に演じるのは今回が初めてとなるので、楽しみです! まだ、本読みでお会いしただけですが、読み合わせはとても明るい雰囲気でできましたし、面白くなると信じています」と話している。

「日曜の夜ぐらいは...」は4月、毎週日曜日22時~ABCテレビにて放送。


婚姻届に判を捺しただけですが DVD-BOX
¥16,108
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
【通常版】清野菜名 1st Photo BOOK セイノート:seinote
¥3,080
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top